冬のマラソン大会はどんな服装がおすすめ?ウェア選び3つのポイント!

マラソン大会のシーズンと言えば、冬。

そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

たしかにマラソンをするのに適している気温というのは、10度前後といわれており、そういった意味からも冬に開催される大会が多いのも事実です。

そこで気になるのが、ウェアはどうしたらいい?ということではないでしょうか?

冬で寒い時期ではありますが、走っていると暑くなってくる?など悩まれる方も多いと思います。

今回は、冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントなどについてお話していきたいと思います。

冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントは?

冬のマラソン大会。

マラソンのシーズンとはいえ、とても寒くどんなウェアで臨めばいいのか難しいところではないでしょうか?

ここからは、冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントについて詳しくお話していきたいと思います。

冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントは温度!?

出典;ランに最適!最新ランニングウェア

冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントは、上半身、下半身で違いはあるのですが、最も気をつけなければならないことといえば、体温つまり温度です。

マラソンは、走り始めと走っている途中で温度に変化が起こります。

暖かい時期のマラソンであればさほど気にせずにウェアを選ぶことが出来ると思いますが、寒い冬では重ね着などもするため、温度に注意をしてウェア選ぶ必要があります。

次からは、上半身、下半身に分けてウェア選びのポイントをお話していきます。

ウェア選びのポイント(上半身)

出典;【実は知らない】ランニングコーディネートの鉄則*メンズ

冬のマラソン大会でのウェア選びでは、温度に注意をしていくと前述しましたが、他にも注目しておくポイントがいくつかあります。

上半身のウェア選びで注目しておきたいポイントは、【吸水性】、【通気性】、【速乾性】です。

マラソン大会では、寒い冬の時期であっても、長時間走って体を動かしていますので、汗をたくさんかいてしまいます。

体に汗が残っている状態で長時間走っていると、冬の冷たい空気が一気に体温を奪い、体が固くなるなどパフォーマンスが下がってしまいます。

体が固くなった状態で走り続けてしまうと、パフォーマンスが下がるだけではなく、怪我の原因にもなります。

それを防ぐ意味でも【吸水性】に優れており、その吸い取った汗を短い時間で乾かすことができる、【速乾性】に優れているウェアを選ぶのがいいです。

また、汗をかくのを防止したり、体温調節をしやすくするために、【通気性】に優れているウェアを選ぶこともポイントです。

上半身のウェアは、脱ぎ着しやすく体温調節を手軽にできるので、温度を気にしつつどの程度重ね着をするかを考えて選びましょう。

ウェア選びのポイント(下半身)

出典;ランニングファッションもおしゃれなメンズに。ジョギングを楽しくする、着こなしの”鉄則”

下半身は、上半身とは違い、レース中に脱ぎ着するということはあまりないと思います。

ですから、冬のマラソン大会の下半身のウェアは、温度を最優先に考えて防寒対策をしていくようにしましょう。

ただ、防寒対策をするために着込みすぎてしまうと、動きづらくなってしまったりもしますので、そこは注意が必要です。

他の季節同様のパンツやタイツにも冬用のものがあるので、それらを有効に使用していくのがいいと思います。

もちろん、上半身と同じく汗はかきますので、【吸水性】、【通気性】、【速乾性】に優れているウェアを選ぶようにしましょう。

冬のマラソンでは、どんなウェアを身につける?

これまでのお話から、冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントについてはお分かりいただけたかと思います。

ウェア選びのポイントは分かってきましたが、実際にはどのようなものを身につけるのがいいのでしょうか?

ここからは、冬のマラソン大会では、どんなウェアを身につけるのがいいのかを、上半身と下半身に分けてお話していきたいと思います。

冬のマラソン大会で身につけるウェア(上半身)

出典;【マラソン大会向け】初心者にオススメな服装とは。夏と冬を紹介

冬のマラソン大会では、上半身はどのようなウェアを身につけるのがいいのでしょうか?

下記にまとめてみましたので、チェックしていって下さい。

・ランニングシャツ

・ランニングパンツorハーフパンツ

・ランニングタイツ

この3つのウェアは、季節関係なく身につけるものだと思います。

ただ、これだけでは防寒対策も出来ておらず、冬のマラソン大会を乗り切ることは出来ません。

この3つのウェアに加えて、下記のアイテムも追加していくことをオススメします。

・ランニングキャップ

・ネックウォーマー

・ウインドブレーカー

・ランニンググローブ

ランニングキャップは、流れてくる汗を止めてくれるだけではなく、頭部を寒さから守ってくれますし、ネックウォーマーで首周りを保温することで、体全体の冷えを予防できる効果があります。

薄手のウインドブレーカーを身につけることで、体全体を防寒する効果があります。

ランニンググローブは、手先を寒さから守ってくれるのですが、手先が冷えてきてしまうと、体全体冷えてくるような感覚になってしまい、体が固くなり、怪我の原因になってしまうので、その予防にもなります。

これら追加で身につけておきたいアイテムの特徴は、全て脱ぎ着しやすいというところです。

脱ぎ着しやすい物を選ぶ事で、体温調節がしやすくなり、気になる温度に合わせて快適に走ることが出来ます。

これら全てのウェアは、前述したとおり、【吸水性】、【通気性】、【速乾性】に注意をして選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

冬のマラソン大会で身につけるウェア(下半身)

出典;冬のランに備えてウェアを調達、今回はOAKLEYをチョイス

冬のマラソン大会での下半身のウェアはどのようなものがいいのでしょうか?

下記にまとめてみましたので、上半身と併せてチェックしていって下さい。

・ランニングパンツorハーフパンツ

・ランニングタイツ

この2つのウェアも季節関係なく身につけるものだと思います。

ただ、やはりこれだけでは冬のマラソン大会の寒さには耐えられないと思いますので、ここにも上半身同様に、下記にまとめたアイテムなどを追加していくことをオススメします。

・レッグウォーマー

・厚手の靴下

レッグウォーマーは、足の冷えを予防し筋肉の硬直を防ぐことができます。

また、厚手の靴下はランニンググローブ同様で体の先端、ここでは足先を温める効果があるため、体全体の冷えを予防することが出来ます。

靴下を脱ぎ着するというのは難しいと思いますが、レッグウォーマーは簡単に脱ぎ着出来るので、レース中に体が温まって来たと思ったら、脱いでしまってもいいと思います。

下半身のウェアについても上半身同様に、【吸水性】、【通気性】、【速乾性】には注意をして選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬のマラソン大会でのウェア選びのポイントについてお話してきました。

上級者の方は走り慣れていることもあり、ウェア選びに苦労するということはないと思いますが、初心者の方は間違えた認識でウェアを選んでしまいがちです。

ウェア選びを間違えてしまうと、体の動きが鈍くなってしまったり、寒さを防げていなかったりと、最高のパフォーマンスを発揮することができなくなってしまいます。

今回のお話を少しでも参考にしていただいて、より良いウェア選んで最高のマラソン大会にしてくださいね。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする