マラソンシューズをレース用とトレーニング用で使い分けるポイント

マラソンにおいて、マラソンシューズは最も重要な道具です。

マラソンはシューズとウェアさえあれば、誰でもできる気軽なスポーツです。

シューズがあれば始められるスポーツなのですが、シューズはかなり重要な道具でしょう。

マラソンシューズを複数所持しているランナーの方も多く見かけます。

シューズをレース用とトレーニング用で使い分けている方もいるでしょう。

ここでは、マラソンシューズをレース用とトレーニング用で使い分けるポイントについて説明します。

レース用やトレーニング用では、それぞれ求められる部分も変わってくるでしょう。

求められる機能を頭に入れておくと、マラソンシューズの機能を最大限に発揮できます。

レース用とトレーニング用で上手に使い分けて、マラソンでの走りに役立ててください。

レース用とトレーニング用で使い分ける理由


出典;ランニングシューズを練習用とレース用で使い分けるための5つのポイント

マラソンシューズは、マラソンのパフォーマンスに直接影響を与える道具です。

シューズの機能によって、走りに影響が出るので使い分けも必要です。

マラソン大会本番とトレーニングでは、求められる機能も変わってくるでしょう。

レースではとにかく速く走ることが大切ですが、トレーニングではシューズの耐久性などが大事になってきます。

マラソンシューズは、複数持っておいても問題はありません。

個人の好みもあるので、奮発してたくさんのマラソンシューズを集めておくと便利です。

マラソンシューズによって、レースでのスピードも変わってきます。

シューズの重さもそれぞれなので、シューズ次第でタイムが早くなったり、遅くなったりするでしょう。

レース用をトレーニングで使ってしまったら、機能性も落ちてしまいます。

ソールがすり減ってしまい、いざ本番で力を発揮できないことも考えられるでしょう。

レース用は、トレーニング用と別に用意することは必須条件です。

レース本番で後悔しないよう、トレーニング用とは別のマラソンシューズを用意してください。

レース用の条件は軽いこと


出典;サブ3.5を目指す!ランニングシューズのオススメ

レース用のマラソンシューズに必要な機能は、とにかく軽いことです。

軽さが直接、マラソンタイムに影響すると言っても過言ではありません。

レースで好タイムを出すためにも、軽いシューズをレース用として準備してください。

ただし、軽いマラソンシューズは耐久性が低かったり、ソールが薄くて足に負担が大きかったりします。

軽さを求める場合のデメリットもあるので、頭に入れておきましょう。

軽くて耐久性の低いシューズをトレーニングで使っていると、消耗が激しくすぐにダメになってしまいます。

すぐに買い換えていては財布に良くないので、レース用の軽いシューズをトレーニングで使うのは避けてください。

さらに、軽くてソールが薄いシューズは、膝や足への負担も大きくなります。

クッション性が低いので、毎日のトレーニングで履くことはおすすめしません。

膝の故障により、マラソンを続けることが困難になる場合もあります。

故障してしまってからでは遅いので、前もって予防に努める必要があるでしょう。

レース向きの軽いマラソンシューズは、マラソン大会本番で使うようにしてください。

トレーニング用で重要なクッション性や耐久性


出典;【初心者向け】ランニングシューズの選び方の注意点3つとおすすめのシューズ5選!メンズ・レディース両方紹介!

トレーニング用のマラソンシューズで重要なのは、クッション性と耐久性です。

クッション性のあるマラソンシューズは重くて少し走りにくいと感じますが、足への負担は軽くなります。

毎日のトレーニングでは、膝や足に負担をかけている状態です。

マラソン大会本番でベストなパフォーマンスを発揮するためにも、トレーニングでは負担を軽くしてくれるマラソンシューズを履いて練習しましょう。

また、トレーニング用のマラソンシューズでは耐久性も重要になってきます。

サブ4やサブ5を達成するためには、毎日地味に走り続ける必要があります。

毎日トレーニングをしていると、シューズの消耗も早くなってしまうでしょう。

クッション性や耐久性があるシューズは、その分重くなってしまうのも特徴です。

重いマラソンシューズは、マラソン大会本番には向いていません。

マラソンは長時間走り続けるタフなスポーツなので、シューズが重いとタイムが悪くなってしまいます。

トレーニング用はレースには向いていないので、使い分けが必要でしょう。

マラソン大会をベストな状態で迎えるためにも、トレーニング用とレース用をそれぞれ用意しておいてください。

スポンサーリンク

レース用は本番前に慣れさせておこう


出典;ハーフマラソンを完走するための練習方法

レース用はトレーニング用と使い分けで、本番で使用することが大切です。

ところがレース本番にいきなり履くと、足に馴染んでいないのでトラブルの原因になってしまうでしょう。

トレーニングで消耗していない状態で使いたいところですが、ある程度は馴染ませておくことが大切です。

レース用といっても、本番前のトレーニングで軽く馴染ませておいてください。

普段トレーニング用のシューズで走っているため、違和感があることも多いです。

違和感があるままレース本番に臨んでしまうと、メンタル面の動揺が走りに影響を与えてしまうでしょう。

シューズはトレーニングで使う度に、少しずつ機能が落ちてしまいます。

しかし、多少機能が落ちても問題ないので、レース用を履いて軽くトレーニングしておくと良いでしょう。

まっさらな新品の状態で本番を迎えるのは不安です。

当日に後悔してしまう原因になりかねないので、馴染ませておくことも大事な準備の一つです。

マラソン大会本番前は、あらゆることに気を遣う必要があるでしょう。

マラソンシューズもそのうちの一つなので、注意しながら準備するようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

マラソンシューズは、レース用とトレーニング用で使い分けることをおすすめします。

レースとトレーニングでは、シューズに求める機能も変わってきます。

レースではとにかくタイムを縮めることが重要なので、軽いシューズがおすすめです。

しかし、軽いシューズは足への負担も多きいので、トレーニングには向いていません。

逆にトレーニングでは、クッション性や耐久性が重要になってきます。

多少重くても、足へ負担がかからないクッション性のあるシューズを使ってください。

トレーニングでは消耗が激しいので、耐久性も大事な要素でしょう。

また、レース用はいきなり本番で使うとトラブルの原因になってしまいます。

いきなり履くのではなく、トレーニングで馴染ませておく必要があるでしょう。

マラソン大会本番でベストなパフォーマンスを発揮するために、レース用とトレーニング用のマラソンシューズを上手く使い分けてください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする