マラソン好きに知ってほしいエアロバイクトレーニングの効果と注意点

マラソンで好タイムを出すためには、心肺機能を鍛えることが大切です。

心肺機能はランニングで鍛えることができますが、他のトレーニングを混ぜるとさらに効果的に鍛えることができるでしょう。

ランニングだけでは走るのが辛くなってしまって、モチベーションの維持が難しい場合もあります。

さらに、雨の日には走りたくても走れないときがあるでしょう。

心肺機能を鍛えるのは、毎日の継続したトレーニングが大事です。

今回はランニング以外で心肺機能を鍛える方法として、エアロバイクを紹介します。

エアロバイクなら雨の日でもトレーニングができ、モチベーションの維持もしやすいでしょう。

マラソン大会で目標を達成するために、エアロバイクを活用することを検討してみてください。

エアロバイクは心肺機能を鍛えるのに効果的


出典;エアロバイクのダイエット効果の真相&痩せる使い方!

エアロバイクは室内でもできるトレーニングなので、時間と場所を選びません。

仕事や家事で忙しい場合でも、気軽にトレーニングが可能でしょう。

エアロバイクは主にダイエットに効果的な有酸素運動として使われることが多いです。

しかし、トレーニングの方法によっては心肺機能を鍛えることもできるでしょう。

トレーニングの仕方で、自分の目的に合った鍛え方が可能です。

一般的には持久力を向上させたい場合、ランニングが最も有効な方法です。

それでも、エアロバイクをトレーニングに取り入れているスポーツ選手は数多く見かけます。

エアロバイクをトレーニングに取り入れているスポーツ選手が多い理由の一つは、膝や足への負担が少ないことが考えられるでしょう。

ランニングは心肺機能が鍛えられますが、膝や足への負担が大きいので故障に繋がってしまう危険があります。

エアロバイクなら負担が少ないので、怪我をしているときにも心肺機能を鍛えることができるので便利なトレーニングです。

心肺機能を鍛えると、持久力がアップするのでマラソンでのパフォーマンスも向上するでしょう。

ランニング中も呼吸が乱れにくくなるので、その効果も実感しやすいです。

負担も少なく、室内で心肺機能を鍛えることができるエアロバイクは、マラソンランナーにとっておすすめのトレーニングです。

エアロバイクでのトレーニング方法


出典;1ヶ月16キロ痩せた女性も!ダイエット・ヴィレッジの運動まとめ!

エアロバイクで心肺機能を鍛えるなら、トレーニング方法も大事になってきます。

トレーニングの仕方によっては心肺機能を鍛えるのではなく、ダイエット効果を高めるだけとなってしまうこともあるでしょう。

エアロバイクでダイエット効果を高めるのではなく、心肺機能を鍛えたいなら心拍数が重要になってきます。

持久力を鍛えるためには、心拍数が上がるような運動が必要になるでしょう。

そのため、エアロバイクで心肺機能を鍛えるなら、心拍数をきちんと把握しておくと効率が良くなります。

持久力を鍛える心拍数は、「220-自分の年齢」の80~90%か70%~80%と言われています。

例えば、年齢が40歳の方の場合は144~179か126~144という心拍数でトレーニングすれば良いことになるでしょう。

漕ぐ時間は80~90%の場合は6~15分で、70%~80%の場合は15~60分となります。

実際に継続して漕ぐことができるかは別の問題ですが、あくまで目安にしてみてください。

また、エアロバイクではインターバルトレーニングも効果的です。

心肺機能を鍛えるなら、ランニングでもインターバル走が最適ですが、エアロバイクでも同じです。

短い時間で高いトレーニング効果が期待できるでしょう。

具体的には、全力で20秒漕いで10秒の休憩を入れます。

これを1セットと数えて、合計で8セット程度行ってください。

やってみたらわかるのですが、非常に辛いトレーニングです。

自分を追い込むことができているので、心肺機能は一気に鍛えられるでしょう。

このトレーニングの良い点は、持久力だけでなく瞬発力も鍛えられる点です。

室内でできるトレーニングなので、1週間に2~3回程度の頻度を目標にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

エアロバイクトレーニングでの注意点


出典;エアロバイクで有酸素運動!トレーニングのポイントは心拍数にあり

エアロバイクで心肺機能を鍛えるためには、心拍数を上げたトレーニングがカギになります。

ただし、一気に心拍数が上がるようなトレーニングはおすすめしません。

エアロバイクでトレーニングをするなら、ウォーミングアップを必ず行ってください。

ウォーミングアップで徐々に心拍数を上げてから、エアロバイクでトレーニングすると良いでしょう。

ウォーミングアップには筋トレを取り入れると、さらなる持久力の向上に役立ちます。

持久力をつけるためには遅筋を鍛えることが大事なので、ゆっくりとしたペースで筋トレを行いましょう。

筋トレで遅筋を鍛えながら、徐々に心拍数を上げてからエアロバイクでトレーニングしてください。

エアロバイクは体重管理にも最適


出典;ロードバイク、トレーニングはエアロバイクもおすすめ!

エアロバイクはダイエット効果が高い有酸素運動なので、体重管理にも最適です。

怪我をしてしまって思うように走れない場合でも、エアロバイクを使えば体重のコントロールが可能でしょう。

ダイエットに効果が高い心拍数は「220-自分の年齢」の60~70%程度です。

この心拍数を意識しながら、60分以上の運動を行ってください。

脂肪燃焼の効果が期待できるので、マラソンランナーにもおすすめです。

マラソンでは体重の増加が、走りに悪影響を及ぼすことがあります。

雨が降っていたり、怪我をしていたりして思うようにランニングができないときは、エアロバイクで体重をコントロールしてください。

エアロバイクでは心拍数によって、トレーニング効果も変わります。

しっかりと心拍数を管理して、自分の目的に合ったトレーニングをしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

マラソンで好成績を残すためには、心肺機能を鍛えることが重要です。

マラソン以外でもエアロバイクを使えば、効率的に心肺機能が鍛えられるでしょう。

エアロバイクなら怪我をしていたり、雨が降っていたりしてもトレーニングが可能です。

心拍数を上げることによって、持久力アップに繋がるトレーニングができるでしょう。

さらに、ダイエット効果も高いので体重コントロールにも便利です。

マラソンランナーにとっては、体重管理も重要なポイントでしょう。

マラソン大会で良いパフォーマンスを発揮するために、エアロバイクを活用してください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする