週一回の練習でも大丈夫!フルマラソンを完走する為のポイントを解説!

フルマラソンは完走しただけで、周りから褒められるほど過酷なスポーツです。

毎日しっかりとトレーニングしていないと、完走できないと思っている方も多いでしょう。

ところが、週一回程度の練習でも十分にフルマラソンを完走することは可能です。

ハードルが高く感じるフルマラソンですが、初心者の方でも完走が可能でしょう。

完走しただけで周りから凄いと言われるので、自分に自信を持つことができます。

今回は週に一回の練習でもフルマラソンを完走できる理由について、紹介します。

自分にはフルマラソンの完走は無理だと、諦めていませんか?

そのような方はもったいないので、是非フルマラソンに挑戦してみてください。

週一の練習でも大丈夫!継続が大事


出典;肩こりに効く!? 週1回30分からはじめる「肩こり解消」のためのランニング

フルマラソンでのトレーニングは、週一回でも十分に完走が可能です。

むしろ、初心者の方には週一回程度の練習をおすすめします。

なぜなら、週一回という練習が一番継続しやすいからです。

初心者の方でありがちなのが、最初に張り切りすぎてしまうことでしょう。

毎日走ることを目標に頑張っていると、どこかで走るのが辛くなってしまいます。

外に出るのも億劫になってしまい、ランニングへのモチベーションがどんどん下がってしまうでしょう。

なので、最初は週一回程度の練習から始めても問題ありません。

トレーニングにおいて、最も重要なのは継続することです。

継続することを意識しながら、無理のないようなペースで頑張ってください。

仕事や家事で忙しいと、練習時間を確保するのも一苦労です。

週に2~3回のランニングでも苦痛に感じることがあるでしょう。

ランニングは継続すれば、週一の練習でも必ず効果が出ます。

週に一回しか走っていないからといって、フルマラソンを諦めている方はとてももったいないです。

練習を継続できていれば、十分完走が可能なので思い切って挑戦してみてください。

週一の練習でも完走者多数


出典;たった3ヶ月!週1ランニングで体型が変わった、私の体験談

マラソン大会には、日頃から毎日トレーニングしている方ばかりが出場していると思っていませんか?

完走者ともなると、なおさらトレーニングを積んでいるはずと思っている方も多いでしょう。

ところが、マラソン大会に出場する方のほとんどは、週に一回程度の練習をしています。

市民ランナーの場合は、仕事やプライベートが忙しくて練習時間が確保できていないのが現状でしょう。

フルマラソンの完走は、確かに大変です。

でも、辛いけど無理じゃないというのがフルマラソンの完走です。

フルマラソンを完走するのに一番ネックとなるのが、制限時間でしょう。

例えば、有名な東京マラソンの場合、制限時間が7時間に設定されています。

この7時間という数字ですが、これはペースが遅くても十分クリアできる数字です。

仮に42.195kmを走らずに歩いたとします。

一般的な歩行速度は時速4km〜5kmと言われていますが、時速4.8kmで歩いた場合が9時間弱かかる計算になります。

これだと制限時間を大きくオーバーしてしまうでしょう。

しかし、ちょっと速歩きの時速6kmで42.195kmを歩くと、約7時間でゴールする計算になります。

これなら、制限時間7時間のフルマラソンでもギリギリ完走することができるでしょう。

そのため、フルマラソンは歩いてでも完走が可能な点が特徴です。

必ず走らないといけないわけではありません。

歩いてゴールしても、それはちゃんとした完走です。

以上のことから、週一の練習しかしていないランナーでも十分完走は可能でしょう。

練習をせずに、ぶっつけ本番で完走したランナーも多くいます。

サブ5やサブ4といった目標を達成するには、それなりのトレーニングが必要ですが完走は少ない練習量でも可能です。

もちろん練習しておくにこしたことはないので、時間があるときには走るようにしましょう。

スポンサーリンク

補助トレーニングとして筋トレを加えよう!


出典;週一回のジョギングの健康・ダイエット効果!スピードや時間は?

週一回の練習でも、フルマラソンの完走は十分可能です。

さらに効果を高めるなら、週一の練習に筋トレを加えてください。

週一回のランニングでは、走るための筋力が不足している状態です。

筋力不足は怪我の原因になるので、筋トレで補っておいた方が賢明でしょう。

筋トレは、ランニングほど時間や手間もかからないので楽に行えるトレーニングです。

筋トレについても、ランニング同様継続することが大切です。

週に2回程度の筋トレで構いません。

フルマラソンで必要となる下半身を中心に、トレーニングしてください。

週一回のランニングと週二回の筋トレを継続すれば、フルマラソンで良い結果が期待できるでしょう。

継続が最も大事なので、3~6か月ほど練習を続けてください。

週一ランナーでも走るのが楽しくなる


出典;痩せるだけじゃない!生活習慣病を防ぐランニング、驚きの効果とは?

フルマラソン完走のために週一回しかランニングをしていない方でも、完走ができるようになると走るのが楽しくなります。

楽しくなってくると、自然と練習量も増えてくるでしょう。

そのため、週一の練習でもどんどんトレーニング量が増えて持久力も向上する方が多いです。

しかし、練習量が増えることは良いことだけではありません。

身体への負担も大きくなってしまいます。

初心者の方で多いのが走るのが楽しくなって、オーバーワーク気味になり怪我をしてしまうことでしょう。

週一の練習でもフルマラソンの完走は可能なので、走るのが楽しくなってもグッとこらえる必要があります。

自分の身体と相談しながら、フルマラソン挑戦目指して頑張ってください。

スポンサーリンク

まとめ

フルマラソンは、誰もが辛いと思うような過酷なスポーツです。

そのため、かなりの練習が必要だと思っている方が多いでしょう。

しかし、フルマラソンは週一の練習でも十分完走が可能です。

実際に、市民ランナーの多くが週一程度の練習で完走しています。

多くのフルマラソン大会では、制限時間が設けられていますが7時間と長めの時間設定が多いです。

そのため、速歩きでも制限時間内にゴールすることができるでしょう。

歩いてゴールしても、それは立派な完走です。

制限時間内に完走するなら、ゆっくりなペースでも十分に間に合うでしょう。

フルマラソンの完走は、週一ランナーでも可能なので挑戦してみてください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする