筋肉痛でマラソンをしても大丈夫?筋肉痛時の練習ポイントを解説!

マラソンのための練習をし、筋肉痛になってしまったことはありませんか?

特に初心者のランナーの場合は、走る度に筋肉痛になってしまう方もいるでしょう。

毎日練習しないといけないという気持ちがあっても、筋肉痛だと走って良いのか迷ってしまいます。

筋肉痛で痛みがあると、無理してはいけないという気持ちにもなるでしょう。

それでも、練習してマラソンを完走したいという方もいるはずです。

今回は、筋肉痛のときでもマラソンの練習をしても良いのかを説明します。

筋肉痛で走って良いのか迷ってしまうと、マラソンの練習も三日坊主で終わってしまうでしょう。

三日坊主になってしまわないように、筋肉痛のときのランニングをしっかりと理解しておいてください。

筋肉痛でも練習はして良い!

結論から言うとマラソンのための練習で太ももやふくらはぎなどが筋肉痛になっても、ランニングをして大丈夫です。

筋肉痛は筋線維がダメージを受けて、修復しようとしているときに起こる痛みだと言われています。

そのため、再び筋線維にダメージを与える激しい筋トレなどは避けた方が良いですが、ランニングは大丈夫です。

ランニングやジョギングのような有酸素運動は、筋肉への負荷も大きくないので問題はありません。

筋肉痛でも走って良いので、あまり気にせずマラソン練習を継続するようにしましょう。

走ることで筋肉痛の回復が早まる

筋肉痛のときは、むしろ走った方が回復が早まります。

ランニングのような運動では血行が良くなるので、筋肉の修復に必要な栄養素を送り出してくれます。

そのため、筋肉痛を早く治したい場合は、積極的にランニングをするべきでしょう。

筋肉痛のときに動かずにいると、筋肉が固まって血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると、筋肉痛の回復が遅れてしまうでしょう。

筋肉痛のときは適度な運動が効果的ですが、肉離れなどの場合は安静にする必要があります。

肉離れのように激しい痛みの場合は、動かずに休息を取るようにしましょう。

通常の筋肉痛の場合は、適度にランニングをして血行を良くしてください。

遅いペースでのランニングやジョギングで持久力を向上させながら、筋肉痛の回復を早めましょう。

走ることが辛い場合はウォーキングしよう

筋肉痛が辛いときは、思うように走ることができないケースも多いでしょう。

走りたいという気持ちがあっても、身体が追いつかない場合があります。

そのようなときは、ランニングでなくウォーキングをしてみましょう。

ウォーキングは、多くのマラソンランナーが行っているトレーニング方法です。

ウォーキングでも心肺機能が鍛えられ、持久力向上が期待できます。

走ることが辛い場合は、ウォーキングをしてみるのも一つの方法です。

ウォーキングも適度な運動なので、筋肉痛の回復を早めてくれるでしょう。

筋肉痛の回復を待ちながら、ウォーキングで心肺機能を高めます。

すると、マラソンへ向けて良いトレーニングとなるでしょう。

筋肉痛が原因で三日坊主にならないように!

初心者の方がマラソンを頑張ろうと思って、最初に張り切り過ぎるケースがあります。

次の日には、筋肉痛で走るのが億劫になってしまうでしょう。

筋肉痛が原因で、三日坊主となってしまうことは珍しくありません。

折角走ろうと決意しても、三日坊主じゃ意味がないでしょう。

筋肉痛のせいで三日坊主になってしまっては、非常にもったいないです。

なので、筋肉痛のときも適度にジョギングやウォーキングをして、走る習慣をつけてください。

初心者のランナーの方に最も大事なのは、走ることを習慣づけることです。

なので、最初は張り切り過ぎないように、無理のないペースと距離を走りましょう。

筋肉痛が酷い場合でも、ウォーキングで外に出ることによって走ることを習慣づけます。

走ることが習慣になれば、自然と持久力が向上するでしょう。

持久力が向上すると、走れる距離が延びで走ることがだんだん楽しくなってきます。

筋力不足も解消されて、筋肉痛になりにくい身体になるでしょう。

筋肉痛になったときも走って大丈夫なので、出来るだけ走るようにしてください。

スポンサーリンク

マラソン練習後もストレッチを欠かさない!

マラソン練習後は、ストレッチによる身体のケアを欠かさないようにしましょう。

もちろん練習前のウォーミングアップも大事ですが、クールダウンも大切です。

練習後のケアをしっかりしておけば、怪我をしにくい身体になるでしょう。

筋肉痛を早く治すのには、ストレッチは効果的です。

疲労した筋肉は縮んでいる状態なので、筋肉を伸ばすようなストレッチを行いましょう。

それにより、押しつぶされた血管が戻って、血行が良くなります。

血行が良くなると、筋肉痛の回復が早くなるでしょう。

ストレッチでは、痛みを感じない程度にゆっくりと筋肉を伸ばすようにしてください。

ストレッチは筋肉の柔軟性を高める効果もあるので、怪我の予防に最適です。

マラソンで良い成績を残すためには、筋肉痛も含めて身体のケアを怠ってはいけません。

マラソン後はストレッチをして、筋肉痛の回復を早めるようにしましょう。

ただし、ストレッチはやり過ぎると逆効果なので、注意してください。

筋肉を伸ばすということは、筋肉に負荷がかかっている状態です。

適度に伸ばしながら、痛みを感じないようにストレッチしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

筋肉痛のときに、マラソンの練習をして良いか迷うことがあるでしょう。

筋肉痛のときでも、マラソンの練習をしても大丈夫です。

むしろ、血行が良くなって筋肉痛の回復を早めてくれるでしょう。

適度な運動は効果的なので、積極的に行ってください。

ランニングが辛いときには、ウォーキングでも大丈夫でしょう。

ウォーキングでも心肺機能を鍛える効果があるので、持久力向上が期待できます。

走る習慣を付けるためにも、ウォーキングなどの練習を欠かさず行ってください。

走った後は、ストレッチを行うことで筋肉痛の回復を早めたり、怪我の予防をしたりできます。

マラソンは膝への負担も大きいので、身体のケアを怠ってはいけません。

練習後は必ずストレッチを行って、練習効率を良くしましょう。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする