マラソン大会に向けた食事制限は必要?正しい減量方法と注意点とは?

マラソン大会に向けて重要なのは、トレーニングだけではありません。

食事にも気を遣う必要があり、体重をコントロールすることも大切です。

マラソンランナーだけでなく、あらゆるスポーツのアスリートは体重変化によって大きくパフォーマンスが変わります。

食事制限や減量によってパフォーマンスが向上する場合もあるので、マラソン大会へ向けて積極的に取り入れたいところでしょう。

ただし、間違った減量をしてしまうとスタミナ切れを起こす危険もあります。

正しい減量方法で、体重をコントロールする必要があるでしょう。

ここでは、マラソン大会に向けた食事制限の必要性や正しい減量方法と注意点を解説します。

マラソン大会をベストコンディションで挑めるよう、参考にしてください。

マラソン大会における食事制限の必要性


出典;マラソン大会当日の朝食(朝ごはん)のおすすめ

マラソンランナーの方には、マラソン大会が近づいてくると減量をする方もいます。

中には見た目もスリムで、本当に減量の必要があるのか疑問に思うケースもあるでしょう。

マラソン大会を控えた方が減量する理由は、体を軽くして走りたいという場合が多いです。

フルマラソンは非常に体力がいるスポーツですが、体重の重さがタイムに影響します。

体重が2~3kg軽くなっただけでも、走りが軽くなって好タイムが期待できるでしょう。

逆に言うと、体重が増えてしまえばタイムが悪くなってしまいます。

マラソン大会前は、少なくとも体重が増えないように食事をコントロールした方が良いでしょう。

そういう意味では、食事制限は絶対に必要になってきます。

炭水化物を溜めこむカーボローディングに失敗して、体重が増えてしまわないよう注意してください。

体重が増えてしまうとタイムが落ちてしまうということは、常に頭に入れておきましょう。

マラソン大会前の正しい減量方法

出典;フルマラソンの体重と体脂肪率の理想とは 無理なダイエットは必要ない

マラソン大会に向けた減量方法では、正しい食事制限が必要です。

食事制限をして、栄養が偏ってしまっては意味がありません。

バランスの良い食事を摂りながら、食事制限をして減量することがおすすめです。

マラソンにおいては、あらゆる栄養素が重要になってきます。

特に脂質や糖質がエネルギーの源になっているので、積極的に摂取しましょう。

減量をしているからといって、これらを抜くことはおすすめしません。

エネルギーの蓄えが必要なので、脂質や糖質も摂りながら食事制限をしましょう。

さらに、ビタミンやミネラルもエネルギーに変えるのを助ける効果があります。

野菜を食べて、ビタミンやミネラルも摂取することが重要です。

マラソンという持久力を必要とするスポーツを乗り切るためには、バランスの良い食事が大切です。

バランスの良い食事を心がけながら、食事制限することが正しい減量方法と言えるでしょう。

食事制限による減量の注意点


出典;フルマラソンに向けた減量のポイント【栄養に注意してレース体重を目指す!】

マラソン大会前の減量では、注意点もあります。

まず、体重を落とすことは好タイムに繋がりますが、落としすぎは禁物です。

特に急激に体重を落とすのは、おすすめしません。

脂肪がランニング中にエネルギーに変わるので、ある程度の蓄えも必要です。

体重を落としすぎると、マラソン中にエネルギー切れを起こしてしまうでしょう。

元々やせ形の方だと、無理に減量を意識する必要はありません。

自然と1~2kgほど体重が落ちていれば、ベストでしょう。

よく言われているのが、体重が1kg落ちればタイムが3分早くなるということです。

そのため、好タイムを出すために体重を落とすことを意識しすぎてしまう場合があります。

体重が落ちれば落ちるほど、好タイムが出るというわけではありません。

あくまでも自分のベスト体重があるので、無理な減量は逆効果となってしまうでしょう。

スポンサーリンク

マラソン初心者は無理に減量する必要は無い


出典;フルマラソン初心者がレースを完走するために必要なことまとめ

マラソン大会前にはある程度の食事制限が必要ですが、初心者の場合は無理に減量する必要はありません。

体重が多少増えたからといって、完走できるなくなるわけではないでしょう。

無理に減量して、体調を崩してしまう危険も考えられます。

減量するためには、カロリー計算が重要になります。

あれこれ考えすぎて、食事のバランスが偏ってしまったり、食べる量を減らしすぎたりしてしまうこともあるでしょう。

減量を意識しすぎる余り、スタミナ切れを起こしてしまう体になることもあります。

初心者の場合は、ストレスなくマラソン大会に臨むのがベストです。

メンタル面も大きく左右するスポーツなので、無理な減量はせずにリラックスして食事を摂った方が良いでしょう。

私も体重が増えてマラソン大会に出場したことがありますが、無理なく完走することができました。

多少の体重増は、むしろエネルギーを蓄えた証として気にする必要はありません。

自然な走りが好タイムを生み出すこともあるので、意識することなくいつも通りのコンディションで挑むと良いでしょう。

1kg落とせば3分タイムが早くなる、というのはあくまでも理想です。

理想の数字を追い求めすぎて、失敗しないように注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

マラソン大会に向けて、トレーニングも一層力が入ってくるでしょう。

しかし、大事なのはトレーニングだけではありません。

マラソン大会という過酷なスポーツで良い結果を出すためには、食事制限による体重のコントロールも重要です。

マラソンでは、体重が1kg落ちればタイムが3分早くなると言われています。

それだけ、体重の重さが影響するスポーツと言えるでしょう。

体重を落とすことが良い結果へと繋がりますが、バランスの良い食事が大切です。

マラソンでは、脂肪や糖質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が大事になります。

そのため、これらの栄養素をバランス良く摂取しながら、減量を行う必要があるでしょう。

体重は落としすぎてしまうと、スタミナ切れを起こしてしまう危険もあります。

元々やせ形の場合は、体重を落としすぎないように注意してください。

無理なダイエットを行うと、タイムが早くなるどころか完走もままならなくなるでしょう。

多少の体重増加は、エネルギーを蓄えていると考えて目をつむる必要もあります。

メンタル面も重要になるので、リラックスしながら自然体を意識して減量するようにしてください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする