笑顔がかわいい女子マラソン選手の吉田香織のプロフィールや経歴を紹介!

女子マラソン界で注目のランナーの一人なのが、吉田香織さんです。

吉田香織さんはベテランのマラソンランナーで、女子マラソン界を牽引してきました。

東京オリンピックでも注目の存在なので、出身などのプロフィールも気になるところでしょう。

今回は美女アスリートとして人気も高い吉田香織さんの情報について、まとめてみました。

吉田香織さんのマラソン人生は波瀾万丈で、知ってみると応援したくなる選手です。

マラソンを見る目も変わってくるので、知っておいて損はないでしょう。

吉田香織さんのプロフィール


出典;吉田香織の”奇跡の1年”

愛称:かおりん
所属:TEAM R×L
生年月日:1981年8月4日
生誕地:埼玉県坂戸市
身長:154cm

吉田香織さんは1981年8月4日生まれで、マラソンランナーとしてベテランの存在です。

小学校時代はスイミングスクールに通っていて、水泳においても将来が期待されていました。

中学では団体競技をさせたいという母親の思いもあり、ソフトボール部に入部しました。

ソフトボールを楽しんでいたようですが、指導者の不祥事によりソフトボール部は廃部になってしまいます。

そのときの担任の顧問が陸上部だったことから、陸上部に入部することになりました。

中学時代は800mや1500mを中心に練習していたようです。

高校では、進学校である川越女子高等学校へ入学しました。

進学校であることから、部活よりも勉強を熱心に取り組む校風だったようです。

それでも国体1500mで2位になる輝かしい成績を収めました。

卒業後は、小出義雄さんの誘いもあり積水化学に入社します。

現在はTEAM R×Lに所属し、北海道マラソンで優勝する活躍を見せています。

笑顔がかわいい美人ランナー


出典;吉田香織(陸上マラソン)がかわいい!ドーピング違反の過去も?

吉田香織さんが人気な理由の一つは、その笑顔にあります。

明るい笑顔で、見ていて癒される方も多いでしょう。

整った顔立ちなので、かわいいと評判のマラソンランナーです。

昔はぴょんぴょんと飛び跳ねる特徴的なフォームから「牛若丸」という愛称で呼ばれていました。

2012年2月の別府大分マラソンでは、猫ひろしさんのペースメーカーを務めたこともあります。

マラソン歴も長いので、女子マラソン界を長く牽引してきた存在でしょう。

ファンも多く、市民ランナーからも美人アスリートとして親しまれています。

年齢的にはベテランになっていますが、東京オリンピックを目指して頑張っています。

実力と美貌を兼ね備えた吉田香織さんの今後には、是非注目してみてください。

ドーピング事件


出典;いよいよ今週末!吉田香織が8月28日(日)北海道マラソン2016に出場!

吉田香織さんを語る上で外せないエピソードなのが、ドーピング事件です。

2013年5月23日に日本アンチ・ドーピング機構は、吉田香織さんへ1月18日から1年間の資格停止処分を科したと発表しました。

2012年12月に開催されたホノルルマラソンで4位に入りましたが、検査で持久力を高めるエリスロポエチン(EPO)に陽性反応を示したことが理由です。

これによりホノルルマラソンの結果も無効となり、日本スポーツ仲裁機構は2年間の資格停止の仲裁判断を下しました。

なぜ吉田香織さんがドーピングをしてしまったかは気になるところでしょう。

実は、このドーピングは故意ではありませんでした。

レース前に医師から貧血の治療だと打ってもらった注射の中身が、エリスロポエチン(EPO)だったのです。

吉田香織さんは確かに貧血気味だったようで、ERP注射は腎不全や貧血の治療に一般的なものでした。

知っていてもあえて打ってもらった可能性もありますが、本人は知らなかったと弁明しています。

故意ではないと認められましたが、資格は停止されてしまいました。

スポンサーリンク

資格停止後の復活

2013年に2年間の資格停止となった吉田香織さんでしたが、2015年には見事復活します。

復帰戦となった2015年3月のソウル国際マラソンでは11位に入り、8月の北海道マラソンでは2位になりました。

さらに、2015年11月15日に開催された、リオデジャネイロオリンピック女子マラソン国内選考会の第1回さいたま国際マラソンでは、日本人最高となる2位に入賞し見事復活の走りを見せます。

2年以上のブランクや年齢からくる衰えも見せず、常識では考えられない走りでした。

今までの努力が垣間見える走りで、その輝きに魅了させられます。

年齢的にも限界を迎えつつありますが、未だに引退は考えていないようです。

復帰した際には走る苦しさがとにかくうれしいと感じ、走ることの喜びを噛みしめました。

2016年の北海道マラソンでも2時間32分33秒のタイムで優勝し、実績を積み重ねています。

大阪国際マラソンでは途中リタイア


出典;35歳吉田香織 無念のリタイアも「市民ランナーに引退はない」

見事復活を遂げた吉田香織さんでしたが、2017年1月に開催された第36回大阪国際女子マラソンでは低体温症と過呼吸により途中棄権となってしまいました。

年齢的にはピークも過ぎて、アスリートとして厳しくなりつつあります。

それでも、常に笑顔で走るその姿は惹きつけられるものがあるでしょう。

ドーピング事件からの復活後も山あり谷ありで、一筋縄ではいきません。

それでも、東京オリンピックを狙って努力を続けています。

走ることが本当に好きで、走ることを極めたいという気持ちが強いようです。

東京オリンピックへ向けて、これから女子マラソンの戦いも熾烈になってくるでしょう。

世界の壁もあるので、ライバルたちと切磋琢磨し女子マラソン界を盛り上げてもらいたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

女子マラソン界のベテランランナーとして有名な吉田香織さんは、これまで様々な経験をしてきました。

ドーピングで2年間の資格停止になるなど、苦しい経験も積んでいます。

年齢的にはトップアスリートとして戦うのは辛くなってきているはずですが、全くそれを感じさせません。

2年間の資格停止後も着実に実績を積み上げているので、本当に凄い選手だと言えます。

素敵な笑顔も魅力の一つで、美人ランナーとしても有名です。

今後は、その走りと美貌にも注目が集まるでしょう。

2017年の大阪国際マラソンでは3km地点で低体温症と過呼吸により、途中棄権となってしまいました。

山あり谷ありと順調にはいきませんが、苦しい経験が吉田香織さんをさらに成長させるでしょう。

東京オリンピックを目指しているようで、今後の走りにも一層注目したいです。

女子マラソン界を盛り上げる美人ランナーとして、他のライバルと切磋琢磨し世界と戦えるランナーになると期待しています。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする