フルマラソンの世界記録推移!男子女子の一覧をチェック!

昨今のマラソンブームの影響で、フルマラソンに挑戦したことのある人もそうでない人も、「サブフォー」や「サブスリー」といった言葉を一度は耳にしたことがあるのでは?

これらの言葉は、フルマラソンを何時間以内で完走するのかを表したものですが、今やほとんどの人がご存知だと思います。

説明するまでもなく、フルマラソンとは42.195kmの距離を走る競技です。

では、この42.195kmを世界で一番速く走る人は、どのくらいのタイムで走ることができるのでしょうか?

なんだか気になりませんか?

そして、医学の進歩や新しいトレーニングの考案などによって、このフルマラソンの世界記録というものも、次々と更新されているハズ。

今回はフルマラソンの世界記録とその推移、そして男子と女子の記録の一覧をチェックしましょう!

フルマラソン世界歴代記録(男子)一覧をチェック!

男子の世界歴代記録の一覧を見てみましょう。

(表の下にいくほど速い順番になっています。)

ここでは、10位までの記録を記載しています。

年月日 記録 名前 国名 大会名
1988/4/17 2:06:50 べライン・デンシモ エチオピア ロッテルダムマラソン
1998/9/20 2:06:05 ロナウド・ダコスタ ブラジル ベルリンマラソン
1999/10/24 2:05:42 ハリド・ハヌーシ モロッコ シカゴマラソン
2002/4/14 2:05:38 ハリド・ハヌーシ アメリカ ロンドンマラソン
2003/9/28 2:04:55 ポール・テルガト ケニア ベルリンマラソン
2007/9/30 2:04:26 ハイレ・ゲブレシラシエ エチオピア ベルリンマラソン
2008/9/28 2:03:59 ハイレ・ゲブレシラシエ エチオピア ベルリンマラソン
2011/9/25 2:03:38 パトリック・マカウ ケニア ベルリンマラソン
2013/9/29 2:03:23 ウィルソン・キプサング ケニア ベルリンマラソン
2014/9/28 2:02:57 デニス・キプルト・キメット ケニア ベルリンマラソン

男子のレースでは、少し前までは2時間10分以内にゴールすれば世界記録に届く、といった感じでしたが、近年では2時間5分以内にゴールしなければ世界に通用しないという状況になっています。

コースの関係上、ベルリンマラソンで世界記録が出やすいようですね。

ランキング上位は、ケニアとエチオピアの選手が占めています

ケニアとエチオピアは、ともに東アフリカに位置していて、標高が高いところにあります。

この環境が長距離ランナーにとって最適な身体を作っているといわれています。

マラソンランナー達が、よく高地トレーニングといったものを行っていますよね。

ケニアやエチオピアのランナー達は、トレーニングだけでなく日常生活から高地にいるわけですから、マラソンが速いのにも頷けます。

男子最高記録保持者:デニス・キプルト・キメット(ケニア)

出典:デニス・キメット

デニス・キプルト・キメット選手は、1984年1月22日生まれ。

ケニア出身の長距離ランナーです。

競技者生活の開始は遅く、マラソンランナーとしての本格的なトレーニングを開始したのは、2010年以降だそうです。

競技者として活動を始めて、4年後に世界記録を更新したということです。

恐るべし。

スポンサーリンク

フルマラソン世界歴代記録(女子)の一覧をチェック!

女子の世界歴代記録の一覧を見てみましょう。

(表の下にいくほど速い順になっています。)

ここでは、10位までの記録を記載しています。

年月日 記録 名前 国名 大会名
2018/1/26 2:19:30 フェイセ・タデッセ エチオピア ドバイマラソン
2015/9/27 2:19:25 グラディス・チェロノ ケニア ベルリンマラソン
2008/9/28 2:19:19 イリーナ・ミキテンコ ドイツ ベルリンマラソン
2018/1/26 2:19:17 Roza Dereje BEKELE エチオピア ドバイマラソン
2005/9/25 2:19:12  野口みずき 日本 ベルリマラソン
2012/4/15 2:18:58 ティキ・ゲラケ エチオピア ロッテルダムマラソン
2001/10/7 2:18:47 キャサリン・ヌデレバ ケニア シカゴマラソン
2017/4/23 2:17:56 ティルネシュ・ディババ ケニア ロンドンマラソン
2017/4/23 2:17:01 メアリー・ケイタニー ケニア ロンドンマラソン
2003/4/13 2:15:25 ポーラ・ラドクリフ イギリス ロンドンマラソン

やはり女子のレースでも、上位にはケニアやエチオピアの選手が目立ちます。

ただ、現在の最高記録は、イギリスのポーラ・ラドクリフです。

このポーラ・ラドクリフの記録は2003年から未だ破られていません。

男子のレースで、当たり前のようにケニアやエチオピアの選手が上位を占めていることを考えると、女子のレースでも最高記録の保持者はケニアかエチオピアの選手、かと思いきや違います。

このデータだけでも、ポーラ・ラドクリフの速さがわかりますね。

あと、女子のランキング10位以内には日本人もいます。

野口みずきさんです。

彼女はアテネ五輪金メダリストで、とても良いランナーでした。

これからは日本人の活躍にも期待したいですね。

女子最高記録保持者:ポーラ・ラドクリフ(イギリス)

出典:ポーラ・ラドクリフ

ポーラ・ラドクリフさんは、1973年12月17日生まれ。

イギリス出身の長距離走・マラソンの元選手です。

彼女の持つ記録は未だ破られていません。

彼女の名言の一つに、「私は人の背中を見て走るのが好きではありません。最初から飛ばして1人でレースを組み立てながら走りたいのです。」というものがあります。

カッコいいです。

スポンサーリンク

フルマラソンの世界記録はどこまで速くなるのか?

フルマラソンの世界記録は、近年徐々に更新されています。

現在の人類の目標は、フルマラソンを2時間以内で走るということです。

これには2時間を切ることが可能であるという意見と、不可能だという意見の両方があります。

どちらが正しいとは言えませんが、現在の男子の世界記録保持者であるデニス・キプルト・キメット選手は、世界記録を出したレース後、「もう一度記録を更新したい。2時間を切ることは可能だと思う。」と話しています。

誰が2時間を切ることになるのかはわかりませんが、いつか2時間切りを達成してくれる選手が出てくるのを楽しみにしたいですね。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする