小学生のマラソン大会で上位入賞するための練習方法とは?

マラソン大会をする小学校も、多く見られます。

折角なら、上位に入賞してほしいというのが素直な親の気持ちです。

親としても、子供へ的確なアドバイスが必要でしょう。

小学生は大人よりも体力が無いので、練習方法も効率的に行った方が良いです。

間違った練習方法をすると、身体を痛めてしまう危険もあるでしょう。

マラソン大会のために頑張っても、怪我をしてしまっては元も子もありません。

効率良く体力を付けながら、マラソン大会で上位入賞するためにも、正しく練習を行う必要があるでしょう。

ここでは、小学生がマラソン大会で好成績を残すための練習方法を紹介します。

是非参考にしてお子さんを、上位入賞へと導いてください。

正しいランニングフォームを身に付けよう

マラソン大会の上位入賞を目指すなら、最初にするべきことはランニングフォームのチェックです。

子供の場合は、上手く身体が使えずに無駄な体力を消耗しているケースが多く見られます。

自分ではどのようなフォームで走っているかわからないので、動画で撮影して見せてあげると良いでしょう。

ランニングフォームを改善するだけでも、持久走は速くなります。

また、練習効率も抜群に良くなるので、早めに取り掛かった方が良いでしょう。

正しいランニングフォームは、姿勢をまっすぐにすることです。

子供の場合は、特に前傾姿勢になっている場合があります。

腰が折れていたり、猫背になっていたりしないかを注意して見てあげましょう。

スポンサーリンク

さらに、案外まっすぐ走れていないケースもあるでしょう。

膝やつま先の力が抜けすぎて、左右に揺れながら走っている子供も多いです。

膝やつま先はまっすぐと前に向けて走るように、意識させてください。

まっすぐ走るだけでも、ロスが少なくなるのでスタミナの温存ができるでしょう。

そして、腕をしっかりと使うことも正しいランニングフォームのポイントです。

子供の場合、走ることに夢中になりすぎて、腕が蔑ろになっていることがあります。

脇をしっかりしめて、腕はまっすぐ振るように指導してください。

腕を使うことによって、足もスムーズに運ぶことができます。

全身を使って走ることで、よりパワフルな走りが期待できるでしょう。

小学生に適したランニングの練習方法

小学生の場合は、大人と同じ練習量では身体が持ちません。

しっかりと小学生に適した練習量でメニューをこなす必要があるでしょう。

小学生に適した練習量は、長くても30分程度です。

20~30分くらいの時間で、十分な練習量が確保できています。

小学生のマラソン大会は、大人のような距離を走りません。

そのため、2~3kmぐらいの距離でも本番を想定した練習になっています。

最初は、ゆっくりでも構わないのでペースは気にしないで走りましょう。

慣れてくれば自然とペースは上がります。

徐々にで良いので、余裕があればペースアップをするようにしてください。

また、練習頻度は1週間に2~3回程度で構いません。

それ以上は、オーバーワークになってしまいます。

まだ成長期で身体ができあがっていないので、無理は禁物でしょう。

1週間に1回でも走らないよりは、全然マシです。

最初は1週間に1回程度で、走ることに慣れてもらいましょう。

慣れてくれば、回数を増やしても苦になりません。

ランニングの楽しみをわかってもらうためにも、無理強いはしないてください。

モチベーションを保つためにも、最初は少ない練習量で徐々に増やしていきましょう。

有効なランニング以外の練習方法

小学校のマラソン大会で、上位入賞を目指すために有効なランニング以外の練習方法を紹介します。

基本的には、無理をしない程度でランニングをすることが重要でしょう。

しかし、ランニングが嫌いな子供も多いです。

そこで、ランニング以外で持久力を付けることがポイントとなります。

縄跳び

ランニングと一緒に、縄跳びを取り入れてみましょう。

縄跳びでトレーニングする場合は、高度な技は必要ありません。

普通の前跳びを長く繰り返します。

何回ミスをせずに跳べるか、競走してみると良いでしょう。

縄跳びはやってみるとわかりますが、案外疲れます。

心肺機能を鍛えるトレーニングとして、とても有効です。

鬼ごっこ

走るという意味では、鬼ごっこも効果的な練習メニューです。

鬼ごっこなら、楽しく持久力を付けることができるでしょう。

大人が鬼になって、子供を追いかけることで練習量もコントロールすることができます。

適度に休ませながら、追いかけると良いでしょう。

また、止まったり走ったりの緩急をつけたトレーニングは、心肺機能を鍛えるのに効果的です。

子供が楽しみながら、マラソン大会で上位入賞を目指せるトレーニングでしょう。

マラソン大会が必要な理由

そもそも、マラソン大会がなぜ必要なのか疑問に思ったことはありませんか?

学校によっては、マラソン大会が無いところもあるでしょう。

辛いだけで、良いことなんて何もないと思っている方も多いかもしれません。

全員参加の強制イベントでやる意味があるのでしょうか。

小学校でマラソン大会が行われる理由は、小学生が成長著しい時期というのが理由の一つです。

身体が目まぐるしく成長しているので、持久走を行うことによって肺活量が大幅に鍛えられます。

身体を丈夫にするために行われているのが、マラソン大会の実情でしょう。

スポンサーリンク

もちろん鍛えているのは、身体だけではありません。

マラソンは辛く苦しいものですが、走り切ることによってメンタル面も大きく成長します。

逃げ出したくなるようなマラソンから、真正面に向き合うことで困難を乗り越えることができるようになります。

誰にだって上手くいかないことはあるでしょう。

そういうときでも、逃げずに立ち向かうことを子供へ教える目的があるのです。

自分の子供には、強くたくましくなってほしいのが本音でしょう。

そのためにもマラソン大会は、必要なイベントと言えます。

完走するだけでも素晴らしいことですが、上位入賞を目指すのは子供にも良い刺激になるでしょう。

親としても、子供の気持ちを無駄にせずに応援してあげてください。

努力することを覚えてくれるためにも良いチャンスとなるので、親子で頑張ってみましょう。

まとめ

小学校のマラソン大会では、できることなら上位入賞してほしいのが本音でしょう。

子供がやる気になったときに、親として的確なアドバイスが必要です。

小学生の場合は、大人よりも体力が少ない点に注意してください。

練習量は、20~30分程度で問題ありません。

それでも、充分に練習できているので、マラソン大会でも良い結果が期待できます。

頻度についても週2~3回の練習で問題ないでしょう。

オーバーワークにならないよう注意しながら、子供の練習を手伝ってあげてください。

子供の場合は、ランニングフォームを見直すだけでも持久力が上がることもあります。

動きに無駄があるフォームで走っていると、上手く力が伝わりません。

大人が客観的に見ながら指導してあげてください。

また、動画で撮影して見せてあげるのも効果的でしょう。

背筋をまっすぐと伸ばしながら、膝やつま先もまっすぐ前に出すことを意識させてください。

練習メニューには、ランニング以外でも縄跳びや鬼ごっこをする方法もあります。

子供が飽きないように、楽しみながらメニューを組み立ててあげると良いでしょう。

マラソン大会では、身体だけでなく心も鍛えられます。

辛く苦しい経験は、生きていく中で重要な経験となるでしょう。

苦しい場面でも逃げずに立ち向かっていけるような大人になれるよう、マラソン大会も見守ってあげてください。

完走ももちろんですが、上位入賞を目指して頑張ることは今後に繋がるでしょう。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする