5分で分かる「ゆずれーる」マラソン大会の出走権が譲渡できる!

マラソン大会当日を楽しみにエントリーしたけれど、急な仕事や体調不良などでどうして出場できなくなってしまったという人や、マラソン大会に出場したいけど、エントリーのタイミングを逃してしまい出場できないという人は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時、出走権を譲ることが出来たり、譲り受けることが出来ればと思うのでは無いでしょうか?

しかし、マラソン大会のホームページなどを見てみると、出走権譲渡不可の文字を目にすること多々あると思います。

では、いかなる場合でも出走権の譲渡は無理なのでしょうか?

答えはNOです。

実は、【ゆずれーる】というサービスを利用することで、出走権の譲渡は可能です。

今回は、出走権の譲渡が可能になる【ゆずれーる】についてお話していきたいと思います。

ゆずれーるとはどんなサービス?どんなマラソン大会でも利用可能?

出走権を譲渡できるゆずれーる。

実際はどのようなサービスで、どのように利用するのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ゆずれーるとはどんなサービスなのか?やどんなマラソン大会でも利用することができるのか?などについてお話していきたいと思います。

ゆずれーるとは?

出典;RUNNET

ゆずれーるとは、日本最大級のランニングポータルサイト【RUNNET】が運営しているサービスです。

通常出走権は、譲渡することが出来ない事が多いですが、このゆずれーるを利用することによって、譲渡したりされたりすることが可能になります。

せっかくエントリーして楽しみにしていたのに、急な仕事や怪我などで出走できなくなってしまったり、出走したかったけれど、エントリーのタイミングを逃してしまったという人たちでも、手軽に相手を探すことが出来るようになります。

そのため出走権を無駄にしなくて済むようになるだけではなく、急なエントリーも可能になる場合があります。

出走権を譲りたい人も、譲られたい人も面倒なことはなく、ゆずれーるが自動でマッチングしてくれるため、安心して利用することが出来るのも魅力の一つです。

ゆずれーるはどんな大会でも利用可能?

出走権を譲りたい人、出走権を譲って欲しい人、どちらの人にとっても非常に有益なゆずれーる。

このサービスは、どんなマラソン大会でも利用することが出来るのでしょうか?

答えはNOです。

ゆずれーるは、ゆずれーるに対応しているマラソン大会でのみ利用することが出来ます。

またこのゆずれーるは、前述したとおり、【RUNNET】というポータルサイトが運営しています。

ですからRUNNET経由で対象のマラソン大会にエントリーしている人のみ、出走権を譲渡することが出来ます。

もちろん譲り受ける側もRUNNET経由で申し込みをする必要があります。

どんなマラソン大会が対応しているかは、各マラソン大会のホームページや、RUNNETから確認することができますので、こまめにチェックしておくといいと思います。

ゆずれーるの利用方法は?

ここまでのお話で、ゆずれーるはどんなサービスなのか?

どんな条件で利用できるのかというのはお分かりいただけたかと思います。

ここからは、ゆずれーるの申請方法や利用方法について、譲りたい人、譲って欲しい人それぞれでお話していきたいと思います。

ゆずれーるの申請・利用方法(譲りたい人)

出典;RUNNET

ゆずれーるの申請・利用はとても簡単です。

まず注意したいのが、ゆずれーるはRUNNET経由でしかやり取りが出来ないので、RUNNETの会員で、エントリー料の支払いが済んでいることが必要になります。

RUNNETのMyページにログインしてエントリー履歴に進んでいきます。

するとエントリーしているマラソン大会が一覧で出てきますので、その中で譲りたい大会を探します。

その大会がゆずれーる対応の大会であれば、【ゆずれーるお譲り申請】というボタンがありますので、ボタンをクリックして、後は画面の指示に従って進めていきます。

申請は以上で終了です。

とても簡単でですよね?

後は成立を待つだけです。

ゆずれーるが契約が成立すると、エントリー一覧に【ゆずれーる成立】と表示され、今までエントリーしていた大会は無効になります。

仮に成立しなかった場合は、【ゆずれーる不成立】と表示され、ご自身でエントリーした状態のまま権利は無効になります。

出走権の譲渡が決まった場合、支払っていたエントリー料は、RANPOというRANNET内で他の大会にエントリーする際などに使用できるポイントで返還されます。

その際に、ゆずれーるの手数料として、エントリー料の10%が差し引かれますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

ゆずれーるの申請・利用方法(譲ってほしい人)

出典;RUNNET

ゆずれーるを利用して、譲渡枠にエントリーするのも非常に簡単です。

RUNNET内にある、ゆずれーる実施大会一覧のページに移動します。

そうすると、枠の譲渡の申請が出ている大会には、緑のエントリーボタンが出てきています。

その中に、自分が出走したい大会がある場合には、緑のボタンをクリックして情報入力や、支払い方法などを選択します。

以上で手続きは完了です。

譲渡する側と比べて、かなり手軽に利用できることがわかります。

エントリー完了後は、Myページのエントリー一覧から確認することが出来ます。

また、譲渡された出走権は、期間内であればゆずれーるで譲渡することも可能なので、どうしても都合がつかなくなってしまった場合でも、安心してエントリーすることが出来ます。

譲渡される際にも、手数料が発生してきます。

手数料は、エントリー一件につき540円かかるので、注意して見ておくようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は出走権を人に譲りたいという人や、出走権を譲ってほしいと思っている人のためのサービス、ゆずれーるについてお話してきました。

せっかく楽しみにしていてエントリーしたのに、事情があって都合がつかなくなってしまった人も、エントリーしたかったけどタイミングを逃してしまい、諦めなければならないかもしれないと思っていた人も、簡単な手続きで、その出走権を無駄にせずに済むというのは、ランナーにとっては本当に魅力的であるといえます。

マラソン大会は、年に一度しかない大会が多いので、みんなで盛り上げて楽しみたいですよね?

今回のお話を少しでも参考にしていただいて、楽しく有意義なマラソンライフを送って言ってくださいね。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする