パフォーマンスを2倍にするマラソン大会前日の練習やストレッチ方法

マラソンで好タイムを出すためにも、毎日の練習は欠かさず行っているでしょう。

でも、マラソン大会前日の練習はどうすれば良いのでしょうか?

普段と同じ練習で良いのか、軽めにした方が良いのか迷うことも多いでしょう。

本番のために練習をしているので、疲れを残しては意味がありません。

後悔しないためにも、マラソン当日をどう迎えるかをしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。

マラソンで好タイムを出すためには、毎日の練習だけでなくコンディションを万全にしなければなりません。

特に、初めてマラソン大会に出る場合はどうして良いかわからないでしょう。

ここでは、マラソン大会前日の練習方法やストレッチ等について、説明していきます。

疲れを残さないことが基本

出典;マラソンのタイムを縮めるためのおすすめ練習・トレーニング方法16選

マラソン大会の前日は、普段より練習を軽めに行うようにしましょう。

本番前日は、極端に言えば練習をしなくても大丈夫です。

1日走らなくても体力が落ちてしまう心配はないので、練習をせずに温存をする方法もあります。

しかし、練習をしないと不安でしょうがない方もいるでしょう。

前日も軽めなら練習をして問題ありません。

本番に疲れを残すような練習は、絶対に止めましょう。

マラソンにおいて、精神的な部分は非常に大事です。

不安を残さないように、軽めに練習することは必要でしょう。

本番のために、身体を刺激するというイメージで練習をしてください。

とにかく大事なのは、本番へ疲れを残さないことです。

リラックスしながら、いつもより物足りないぐらいで練習を終えるべきです。

練習中に調子が出てきても、抑えるように注意しましょう。

マラソン大会前日の練習方法


出典;ハーフマラソンを完走するための練習方法

マラソン大会前日は疲労を抜くために練習をしなくても構いません。

しかし、練習をしないと不安な方も多いでしょう。

どうしても練習をしたいという方のために、具体的な練習方法を紹介します。

マラソン大会前日のランニングは、30分程度にしておきましょう。

距離で言うと、4~5kmぐらいを目安に走ってください。

それも、かなりゆっくりのペースで軽く流す程度にしておきましょう。

物足りないかもしれませんが、疲れを残さないためにはこれぐらいの練習量で問題ありません。

スポンサーリンク

そして、ポイントとなるのが、1kmだけ本番を想定した少し速いスピードで走ってみましょう。

翌日のマラソン大会本番をイメージしながら、身体に刺激を入れるイメージで走ります。

すると、身体が翌日の本番を見据えた調子になってくれます。

調子が出てきても、速いペースで走るのは1kmだけにしてください。

何度も言いますが、疲れを残しては意味がありません。

前日に練習量を減らしたぐらいでは体力は落ちないので、安心して当日を迎えてください。

イメージトレーニングをしよう


出典;イメージトレーニングの方法や効果とは?体づくりでなぜイメージトレーニングが重要なのか?

スポーツにおいて、非常に重要とされているのがイメージトレーニングです。

もちろんマラソンにおいても、イメージトレーニングは大切です。

イメージトレーニングによって、マラソンの完走率は一気に上がります。

長距離は、特にメンタル面が大事なスポーツなので、イメージトレーニングは積極的に行いましょう。

マラソン大会前日は、疲れを残さないためにも軽めに練習を終えます。

その代りに、イメージトレーニングを増やすようにします。

具体的には、自分がマラソンを完走してゴールする姿を何度もイメージしてください。

このイメージが大きな力を生み出してくれます。

さらに、マラソン中に苦しくなるケースもイメージしておきましょう。

前もって苦しさを乗り越えるイメージをしておくと、本番でも苦しさを克服することができます。

イメージが上手くできないという方は、マラソン大会の映像を見る方法もあるでしょう。

好きなマラソンランナーが、一番でゴールを駆け抜ける動画を見て、イメージを膨らませる方法もあります。

出来るだけ、自分に置き換えてイメージすることを心がけてください。

マラソン大会前日のストレッチ方法

出典;見つけたマラソンとビジネスの共通項目。

マラソン大会前日には、ストレッチを入念にする方も多いでしょう。

特に前日の夜は不安な気持ちから、普段よりも時間をかけてストレッチを行ってしまいます。

ストレッチはやればやるだけ良いというイメージを持っているかもしれませんが、やり過ぎには注意が必要です。

実は、ストレッチをやり過ぎると、筋肉を痛めてしまう可能性があります。

筋肉を伸ばそうとすることで、少なからず筋肉に負担はかかっているでしょう。

スポンサーリンク

伸ばしすぎで筋肉を痛めてしまうケースは珍しくないので、注意してください。

そのため、マラソン大会前日においては、以下の点を注意してストレッチを行います。

・痛みが出ない範囲でする

・ゆっくりと呼吸をしながら行う

・一気に伸ばさず、ジワジワと伸ばす

この点を注意しながら、マラソン大会前日のストレッチを行ってください。

練習と同様で筋肉に疲労を残さないためにも、ストレッチのやり過ぎには注意しましょう。

睡眠をしっかり取ろう


出典;マラソン大会前日眠れない!睡眠不足の及ぼすまさかの影響とは!?

マラソン大会前日には、興奮して眠れないことも多いでしょう。

それでも、睡眠が何よりも重要なので、しっかり取らなくてはいけません。

イメージトレーニングをしながら、早めに就寝することを心がけてください。

また、マラソン大会当日は、早めに起床して身体を目覚めさせておく必要があります。

ぎりぎりに起きてしまうと、身体がまだ起きていない状態でスタートしてしまう場合が考えられます。

早めに起床しなければいけないことを頭に入れながら、就寝時間も決めてください。

そのため、早めに寝ることを想定して、前日の昼寝は避けるなどしておきましょう。

まとめ

マラソン大会をベストな状態で迎えるためには、前日に疲れを残さないことが大事です。

前日も練習を行わないと気が済まない方は、30分程度走るようにしてください。

決してペースは上げずにゆっくりと走るようにします。

少し、身体に刺激を入れるために1kmだけ本番を想定したスピードで走ってください。

すると、翌日をベストな状態で迎えられます。

走り過ぎには絶対に注意して、軽めの練習で抑えておきましょう。

前日のストレッチにも注意が必要です。

練習と同じで、ストレッチのやり過ぎは止めましょう。

ストレッチでも筋肉を伸ばすことで、負荷がかかっています。

呼吸をしながら、痛くない範囲で行ってください。

当日を良いコンディションで迎えるためにも、しっかりと睡眠を取りましょう。

就寝の際には、イメージトレーニングを入念に行います。

本番のゴールをイメージしておくと、普段よりも良いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

普段の練習の成果を発揮するためにも、前日は無理をしないことを頭に入れながら頑張ってください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする