マラソン大会にオススメのポーチの種類と大きさとは?

マラソン大会で、ポーチを使用している方を見かけたことはありませんか?

不安なくマラソン大会を迎えるためにも、ポーチが必要かどうか見極めておくことが大事でしょう。

ランニング用のポーチにも種類は、たくさんあります。

大きさも様々なので、ポーチを使用するとしても迷ってしまうことが多いでしょう。

マラソン大会では、エネルギー源となる食べ物など身に付けておきたいものがあります。

ランニング中の持ち物を考えながら、ポーチの必要性について検討するべきでしょう。

ここでは、マラソン大会で本当にポーチが必要なのかを考えつつ、最適な大きさや種類を解説していきます。

マラソン大会で納得のいく結果を残せるよう、参考にしてください。

完走目的なら必須のランニングポーチ


出典;走っても揺れにくい!ランニングにおすすめのウエストポーチ10選

ランニングポーチはマラソン大会において、完走目的のランナーには必須と言えるアイテムです。

完走目的で時間をかけて走るためには、エネルギー源となる食べ物を携帯しておく必要があります。

完走までに時間がかかるほどエネルギーが消費されていくので、ランニング中にもエネルギーの補充が大切でしょう。

補給食には、ゼリー系の飲料がおすすめです。

ランニング中でも簡単にエネルギーを補給できるように、準備しておきましょう。

また、夏には熱中対策の塩飴などを携帯しておく必要があります。

冬の場合は、ランニンググローブなどの防寒グッズを携帯しておくと便利でしょう。

中には、スマホをポーチに入れて走る方もいます。

マラソン大会の景色を写真に収めるために、スマホをポーチに入れておく場合もあるでしょう。

マラソン大会をより楽しむためにも、ランニングポーチを活用してください。

スポンサーリンク

ただし、マラソン大会で好タイムを出す目的のベテランランナーには、ポーチが必要無いケースもあるでしょう。

自分のランニングスタイルを考慮しながら、ランニングポーチの必要性を見極めてください。

ランニングポーチの種類

ランニングポーチにも様々な種類があります。

種類によって、走りやすさも違ってくるので、自分に合ったランニングポーチを選ぶ必要があるでしょう。

無事に完走するためにも、今から紹介する種類を参考にしてください。

ウエストポーチ


出典;楽天市場

ランニングにも定番となっているのが、腰に巻くタイプのウエストポーチです。

ランニング用のウエストポーチは、走ることの邪魔にならないように作られています。

一般的なウエストポーチよりも軽量で、小さめのものが多いでしょう。

ランニング用のウエストポーチは、マラソンでも使えるようにフィット感が抜群になっています。

収納する部分を腰の後ろに向けて走ると、より走りやすくなるでしょう。

マラソン大会でも、最も多く見かけるタイプなので、非常におすすめです。

ボトルポーチ


出典;楽天市場

ボトルポーチはボトルホルダーがあるため、ペットボトルを携帯することができます。

簡単に取り出せるので、水分補給を小まめに行うことができるでしょう。

ウエストに巻くタイプや肩にかけるタイプのものもあります。

ボトルホルダーが付いているボトルポーチをマラソン大会で使用している方も、多く見かけます。

マラソン大会では給水所があるので、ペットボトルの携帯は必須ではありません。

ただし、ペースが遅すぎると給水ポイントまで時間がかかるため、脱水症状を起こす危険もあるでしょう。

自分のペースや大会の給水ポイントをチェックして、必要かどうかを見極めてください。

ランニングバッグ


出典;楽天市場

走るときに邪魔にならないような、ランニング用のバッグもあります。

ポーチよりも少し大きめですが、その分容量も大きくなっています。

携帯するものが多い場合は、便利に使えるでしょう。

ただし、マラソン大会で使用している方は多くありません。

ポーチよりもサイズが大きいので、負担が大きいと言えるでしょう。

アームバンド


出典;楽天市場

腕に巻くタイプのアームバンドというのもあります。

携帯するものがスマホのみという方には、最適でしょう。

小さくて走りの邪魔になりにくい分、収納スペースは非常に少ないです。

スマホと小物を入れるだけで終わってしまうので、ゆっくりと完走を目指す方には向いていないでしょう。

スポンサーリンク

練習などで、音楽を聴きながら走る場合には最適です。

サイズが小さすぎるので、マラソン大会にはあまり向いていません。

マラソン大会では、ゼリー飲料などの補給食が収納できるポーチを選んだ方が良いでしょう。

マラソン大会に適したサイズ

出典;【男女別・季節別】マラソン大会におすすめにおすすめの服装

ランニングポーチの大きさは様々ですが、大きすぎるとランニングの邪魔になってしまいます。

実際にマラソン大会で大きめのポーチを着用している方は、あまりいません。

ポーチが大きいと、それなりの重さになって負担も大きくなるでしょう。

マラソン大会に適したポーチのサイズは、エネルギー源となるゼリー飲料が2~3個入り、スマホが入る程度の大きさです。

必要に応じて、ボトルホルダー付きのポーチを着用しても良いでしょう。

しっかりとしたマラソン大会には、給水所があるので事前に調べておくことをおすすめします。

完走を目指して、比較的ゆっくり走る場合は、ランニングポーチがあった方が何かと便利でしょう。

小さめのランニングポーチを使用して、完走を目指して頑張ってください。

まとめ

マラソン大会でランニングポーチを使っている方は、多く見かけます。

特にゆっくりと完走を目指す方には、必要なアイテムと言えるでしょう。

しかし、絶対に必要だというわけではありません。

実際にランニングポーチを使用せずに、完走しているベテランランナーも多く見かけます。

それでも、エネルギー源となるゼリー飲料やスマホを携帯することができるので、ポーチがあれば完走を手助けしてくれるでしょう。

また、マラソン大会に適したランニングポーチのサイズは、ゼリー飲料が2~3個とスマホが入るぐらいの大きさです。

それ以上大きくなると、負担がかかって体力を消耗してしまうことが考えられます。

ランニング中でも気にならないように、小さめのサイズを使うようにしましょう。

ランニング用のポーチには、ボトルホルダー付きのものもあります。

給水所があるので、ペットボトルの携帯は必須ではありません。

ただし、大会によっては給水ポイントが遠く設定されているケースも見られます。

大会のコースを見ながら、ランニングポーチの種類を選んでください。

マラソン大会を楽しむためにも、ランニングポーチは大事なアイテムの一つでしょう。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする