マラソン大会に一人で参加は変?一人でも楽しむ4つのポイントを紹介!

マラソン大会には誰と一緒に出ますか?

お友達と一緒? ランニングサークル仲間? 会社の同僚?

それとも1人で参加ですか?

私は、マラソン大会には、1人で参加だったり、ランニング仲間と一緒に参加したり、様々です。

たまに、「マラソン大会に1人で参加するのは変じゃない?」と言われることがあるのですが、「全然、変じゃない。楽しいよ! 」と答えます。

1人で参加するのと、ランニング仲間と参加するのは、両方ともそれぞれの楽しみかたがあると思うのです。

ここでは、それぞれの違いや、楽しみ方をご紹介します。

マラソン大会に1人で参加と仲間と参加の違い

私は、マラソン大会に1人での参加と仲間と参加するのは別物と考えています。

別物というのは、それぞれの目的が違うからです。

これは、練習する日頃のランニングの時も同じです。

1人で練習の時の目的は、まさに自分の好きなようにできます。

自分の好きな時間に、自分の好きなペースで、速くも走れればゆっくりも走れます。

気分が乗らなければすぐにやめることもできますし、気分が乗ったり時間がある時は10キロ以上走ることもできます。

まさに、1人で走るよさは、「自分の目的に合わせて走れる」のです。

でも、仲間と走る時は、全く別です。

走る時間を決め、待ち合わせの場所を決め、走ります。

走っている時は、仲間が遅ければそれに合わせなくてはいけませんし、反対も然り。

1人ではできないおしゃべりが主になり、速く走るというより、みんなで楽しく走るということが目的になります。

なかなか仲間と走ると自分の目標タイムを走ることはできなくなります。

でも、反対にしゃべっているとあっという間に時間が経っていて、知らずに長い距離を走ることができている時があります。

つまり、仲間と走る時は、「自分1人の気軽さはないけど、仲間といる楽しさで走れる」ということです。

マラソン大会も同じです。

1人で参加するなら、ストイックに自分のタイムにこだわり、自分の目標タイムを縮めることだけに専念します。

そして、仲間と参加する時は、とにかくみんなでゴールできるように、楽しむことを目的に走ります。

私は、どちらも楽しいと思うんですよね〜。

一人でも楽しむ為の4つのポイント

私が初めてマラソン大会に出たのは、近所の10キロ大会でした。

周りにランニングする友達もいなく、日頃は1人で気ままに家の近所をランニングしていたのですが、せっかくなら大会に出てみようと思ったのがきっかけです。

近所なので、行くのは簡単。

もちろん、自分で1人で行って、自分で1人で走って、自分1人で帰ってきました。

でも、寂しいなんて事、ちっとも感じず、とっても清々しい気持ちで1日を過ごすことができましたよ!

なぜだか理由を考えて見ると、以下のようなことを目標に置いていたことに気がつきました。

完走する

私のまずの目標は完走でした!

日頃は自分1人で好きな距離を走っているものの、大会となるとちゃんと距離が決まっています。

そして、知らないとはいえ、周りで走っている人たちも同じように完走する事を最低限の目標としていらっしゃるのでしょう。

なので、とにかく完走できた時の喜びは、1人でも十分味わえました。

目標のタイムを設定する

いつも家の周りをランニングする時から、1キロをどのくらいのペースで走れるかをGPS付きの時計で測っています。

初めての大会でも、いつもの走りから自分の10キロの目標タイムを設定しました。

私の場合、だいたい、55分以内で走るというもの。

走っている間も、1キロあたり、どのくらいで走らなくてはいけないという目標があるので、1キロごとにチェッックしていると、寂しいなんて感じてる暇ないです(笑)

ひたすらゴールまで自分の目標と走るのみ!

そうしてその目標タイムを達成できた時、1人参加で分かち合う人がいなくとも、それは本当に嬉しさしか感じないと思いますよ!

スポンサーリンク

ウエアーなど自分を盛り上げる

これは大会前の話になりますが、ウエアなどを決める時間も、1人でも十分楽しいものです。

当日の気候に合わせて、「何を着て行こうかな〜」と考えたり、大会でもらったTシャツを自分のウエアーと合わせてみたり。

大会に合わせて、新調するために買い物に出かけたり。

1人で仮装して走る人もいますよね!

1人だと気兼ねなく、自分の好きなものを着たって誰に気を使うこともないからいいですよ(笑)

とにかく楽しもうという気持ちを持つ

これは、もしかしたら一番の目標かもしれませんが、とにかく、大会を「楽しむ」ということ!

とかく、1人だと緊張しがちですが、何より、今までの練習の成果を発揮できるのですから、楽しまなくては損ですよね。

そして、大会ならではのTシャツをもらえたり、お土産や、そこで振舞われるご当地の食事だったり。

色々なイベントと一緒になった大会も数多くあるので、それを楽しめたら1人でも全然寂しいなんて感じないと思います!

スポンサーリンク

まとめ

お分りいただけたでしょうか?

マラソン大会へ1人で参加するのは全然変ではありません。

むしろ、1人参加の方が楽しい時だって、いい点だってあるはず!

特に、自分で目標タイムを決めている方は、1人参加の方が、真剣に取り組めるかもしれませんね。

そして、目標を達成できなくても、誰にいう必要もなく、自分でまた次の大会に向けて練習すればいいのですから気軽です。

1人参加も仲間での参加も、どちらにもいい点がたくさんあります。

是非、どちらの方法で参加するとしても、変だと思わず、そして寂しがらず、自分なりの楽しみを見つけて頑張ってきてくださいね。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする