マラソン大会会場までの主な服装とは?移動に便利なアイテムを紹介!

マラソン大会のことで頭がいっぱいだと、会場までの移動が頭から抜けてしまうことがあります。

私も初めてマラソン大会に出場したときは、移動のときにどのような服装をしたらよいか悩んでしまいました。

大会の前日や当日の朝にバタバタしないよう、事前に準備しておく必要があるでしょう。

マラソン大会を無事に終えるためには、マラソン中だけでなく行き帰りのことも頭に入れておいてください。

マラソン大会会場までの移動を、しっかりイメージしておくことが大切でしょう。

ここでは、マラソン大会会場までの服装を紹介します。

自分なりに参考にして、マラソン大会をより楽しむためにも準備を怠らないようにしましょう。

マラソン大会会場までの主な服装

マラソン大会会場まで、どのような服装をするか迷うことも多いでしょう。

会場までの服装として、多く見られる格好を紹介します。

走る格好に上下ジャージを着用

一番手っ取り早いのは、ランニングシャツやランニングパンツを履いた状態に上下のジャージを着用する方法です。

着替えをする手間も省けるので、非常に楽です。

本番の恰好のまま家を出るので、走るために必要なものを忘れる確率も減るでしょう。

ただし、走った後の着替えを忘れないように注意してください。

着替えを忘れると汗で気持ち悪いまま、帰宅しなければいけません。

上下のジャージはそのまま帰りにも使えるので、シャツやパンツの替えを用意するだけでも良いでしょう。

上下ジャージの服装は、会場でも見かけることが多いです。

マラソン大会会場では全く違和感がありませんが、移動手段によっては浮いてしまう可能性もあるでしょう。

アスリートのようにいつでもジャージで気にならない方は問題ありませんが、気になる場合は別の服装を検討してください。

上だけジャージを着用

上下ジャージが恥ずかしいという方は、上だけジャージを着用しても良いでしょう。

下半身だけジーンズなどのカジュアルなパンツを着ることで、印象は変わります。

それだけでカジュアルな雰囲気になるので、街でも違和感は無くなるでしょう。

スポンサーリンク

この服装も、大会会場では多く見られます。

着替えは下だけで良くなるので、楽に済ませることができるでしょう。

ただし、ランニングパンツを忘れないように、事前に準備しておいてください。

忘れ物をしないように、移動の服装を考慮しながら持ち物リストを作成しておきましょう。

全身私服を着用

もちろん全身を普段の私服で済ませても構いません。

カジュアルな服装なら、移動の際に周りの目を気にする必要が無いでしょう。

マラソン大会会場には、更衣室が用意されています。

全身私服でも着替える場所があるので、マラソンに影響はありません。

しかし、更衣室が混雑する可能性が考えられるので、できれば着替えは少なくて済むようにした方が賢明でしょう。

狭いスペースで着替えないといけなかったり、女性の場合は時間がかかったりしてしまいます。

特に初心者の方は、更衣室がわからずに戸惑ってしまうこともあります。

できることなら、ジャージを着用し着替えなくて済むようにしておいた方が安心でしょう。

本番用シューズは直前で履く

マラソン会場までの靴はランニングシューズでも構いませんが、本番用のシューズは直前に履くようにしましょう。

本番用のランニングシューズを家で履いてから移動すると、雨などの天候によりレース前にビチョビチョになってしまうことがあります。

また、本番用のランニングシューズは走りやすさを重視した作りで、ソールが薄く、すり減りやすい場合があるでしょう。

本番用のシューズを少しでも温存するために、移動は練習用のランニングシューズを履いてください。

その代わり、本番用ランニングシューズは非常に忘れやすいので注意しましょう。

練習用のシューズを履いていく際には、本番用があるかをチェックして会場へ向かってください。

会場までの移動に便利なバックパック


出典;楽天市場

マラソン大会会場までの移動には、バックパックを背負うと良いでしょう。

着替えやランニングシューズなど会場へ持って行くものは、いっぱいあります。

移動をスムーズにするためにも、どのようなバッグを使うかはポイントでしょう。

そこで、スポーツ用のバックパックを使うことをおすすめします。

スポーツ用のバックパックは非常に容量も大きく、移動に向いた作りになっています。

プロのアスリートが使っているタイプも多いので、移動には最適のバッグでしょう。

スポンサーリンク

容量が大きいので、着替えやシューズ、その他の必需品を一つのバッグにまとめることができます。

また、収納ポケットが多いのも魅力の一つでしょう。

小物を入れるスペースが多いので、頻繁に取り出すものを入れておくと便利です。

さらに、シューズ専用の収納スペースもあります。

ランニングシューズの収納は、意外と迷ってしまうことも多いでしょう。

シューズ専用の収納スペースなら形が崩れることも無く、安心して収納できます。

まとめ

マラソン大会で良い成績を残すためにも、会場への移動を疎かにしてはいけません。

服装を事前にチェックしておき、不安が無いように当日を迎える必要があるでしょう。

会場までの服装は、周りの目が気にならない場合、上下ジャージでも構わないでしょう。

マラソン大会の会場では、多く見かける服装なので違和感はありません。

ただし、電車などで移動する場合は、少し周りから浮いてしまう可能性もあります。

その場合は、下半身だけでもジーンズを着用するとカジュアルな雰囲気になります。

大会会場には更衣室もあるので、全身普段着でも問題はありません。

しかし、更衣室が混雑して、上手く着替えられないケースも想定しておきましょう。

会場までの移動の靴は、練習用のランニングシューズを履いてください。

本番用のランニングシューズは、会場で履きかえるようにします。

本番用を履いていくと、移動の際に雨で塗れてしまう場合もあるので、注意しましょう。

会場までの移動では、スポーツ用のバックパックが非常に便利です。

マラソンで必要な持ち物はたくさんあるので、容量が大きいバッグが活躍します。

収納スペースも多いので、小物を入れることもでき移動には最適でしょう。

マラソン大会では準備するものも多いので、事前にしっかり頭に入れておきましょう。

マラソンに集中できるように、前もってイメージしておいてください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする