マラソン大会の持ち物リスト!絶対に持っていくべき必需品は?

マラソン大会で完走するためにも、当日必要なものは忘れないようにしたいところでしょう。

初めてマラソン大会に挑む方は、何が必要なのか見当もつきません。

意外なものが必要だったりして、初めてのマラソン大会で痛い目に合うこともあります。

完走を目標に走ってきたのに、持ち物の準備が不十分でリタイアになってしまっては目も当てられません。

持ち物が言い訳にならないように、必要なものをしっかりとまとめておくことが必要でしょう。

ここでは、マラソン大会に必要な持ち物リストを紹介します。

参考にしながら、忘れ物が無いように準備してください。

マラソン大会でベストなパフォーマンスが出せるように、事前準備も怠らずに頑張りましょう。

マラソン大会の持ち物リストはこちら!


出典;フルマラソン5時間ランナーの持ち物リスト。

マラソン大会で必要となる持ち物のリストは、以下のとおりです。

当日に後悔することが無いよう、参考にしてください。

・ランニングシャツ

・ランニングシューズ

・ランニングパンツ

・靴下

・時計

・帽子

・タオル

・着替え

・エネルギー源となる食べ物

・テーピング

・ランニングポーチ

また、上記以外のものでも、サングラスや雨具など必要に応じて準備してください。

ランニンググローブやアームウォーマーを使っている方もいるでしょう。

最低限必要なものをまとめたので、このリストに自分なりに付け足すと良いでしょう。

マラソン大会初心者はランニングポーチを使おう

出典;走っても揺れにくい!ランニングにおすすめのウエストポーチ10選

マラソン大会が初めての方は、ランニングポーチも必需品の一つでしょう。

なぜなら、エネルギー源となる食べ物などをランニング中にも持っておく必要があるからです。

ペースがゆっくりの場合は走る時間が長くなるため、カロリーを摂取する必要性が高くなるでしょう。

スポンサーリンク

エネルギー源となる食べ物は必須で、特に喉を通りやすいゼリー状のものがおすすめです。

エネルギー不足で倒れることがないように、絶対に準備してください。

エネルギー源の食べ物を準備しても、ランニング中に入れるものが無いと困ります。

そこで、ランニングポーチが活躍します。

ランニング用のポーチは非常に小さくて、軽く作られているので全く邪魔になりません。

快適に走ることができ、しっかりと収納もできるので、マラソン大会には必須のアイテムと言えるでしょう。

完走後のことも頭に入れておこう

出典;フルマラソン後の正しいリカバリー法。完全休養日は絶対に設ける

マラソン大会に持って行くものを準備する際に、ついつい走っているときのことばかり考えてしまいます。

もちろん完走するためにはランニング中に必要なものも重要ですが、完走後のことも忘れてはいけません。

折角走り切ったのに、必要なものが無くて困ってしまっては台無しです。

完走後のこともしっかりと頭に入れながら、準備が必要でしょう。

完走後にまず必要なのは、タオルです。

走り切った後は、汗が止まりません。

止まらない汗を、何度も拭えるように大きめのスポーツタオル必要でしょう。

また、走っている間に汗を拭う小さめのハンドタオルも便利です。

ランニングポーチにしまっておけば、ランニング中も邪魔になりません。

小さめのハンドタオルと併せて準備しておきましょう。

さらに、完走後は汗でびっしょりになっているので着替えも必須でしょう。

案外、この着替えを忘れてしまう方も多いです。

特に、ランニングシャツなどを家で着てから、大会へ向かう方は注意が必要でしょう。

完走後の着替えを忘れてしまったら、汗が気持ち悪いまま帰らないといけません。

そのまま体調を崩してしまうこともあるので、着替えは絶対に忘れないようにしましょう。

怪我の対策を万全にしておこう

出典;膝の痛みを克服しながらフルマラソンを完走する際に実施した3つのこと

マラソンは、非常にタフなスポーツです。

自分の限界に挑むことが多いので、怪我をしてしまうケースも珍しくないでしょう。

そのため、怪我に対する準備もしておく必要があります。

マラソンで最も負担がかかるのは、膝でしょう。

特にランナー膝などの症状で悩まされている方が多いです。

そのため、テーピングは絶対に準備しておきたいアイテムの一つでしょう。

テーピングには伸縮性のものと非伸縮性のものがあります。

伸縮性のものは、筋肉の動きを助けることで負担を軽減させてくれる役割があります。

非伸縮性のものは、関節を固めて可動域を狭くすることで痛みを軽減させ、怪我の際の応急処置に向いているでしょう。

それぞれに利点があるので、両方持っておいた方が賢明です。

ある程度無理が効く場合ならテーピングで完走を試みても良いですが、決して無理はしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

また、完走後に筋肉の回復を早めるためにコールドスプレーを持って行くと便利です。

マラソン後は、筋肉が熱を持っている状態です。

回復を早める方法として、コールドスプレーで筋肉を冷やす方法があるでしょう。

マラソン中に足を冷やす方も見かけますが、これは止めておいた方が良いです。

プロ野球のピッチャーと同じで、筋肉を冷やすのは終わった後が最適でしょう。

ランニング中に使うと、筋肉が縮まって動きが悪くなってしまいます。

足を冷やす場合は、完走後にしておきましょう。

まとめ

マラソン大会では、忘れ物は絶対に避けたいところです。

特に初心者の方は慣れていないため、事前にリスト化しておく必要があるでしょう。

誰でも必要な必需品や、自分なりに使用するものもあるはずです。

ここで紹介したリストを参考にしながら、自分で持ち物の一覧を作ってみましょう。

また、初心者の方にはランニングポーチの使用をおすすめします。

ゆっくりとしたペースで完走を目指す場合は、エネルギー源となる食べ物が必須でしょう。

エネルギー源となる食べ物を入れておくためにも、ランニングポーチは大事です。

汗を拭くためのハンドタオルなども入れることができるので、便利に使えるでしょう。

完走後の着替えも忘れないようにしてください。

着替えを忘れてしまったら、気持ち悪いまま家に帰らなくてはいけません。

体調を崩してしまう可能性もあるので、注意しましょう。

マラソンは、身体にかなりの負担がかかるので、怪我の対策も怠ってはいけません。

伸縮性と非伸縮性のテーピングを用意し、怪我にも正しく対処できるようにしておきましょう。

マラソン大会を無事に終えるためにも直前で準備をするのではなく、早めに準備しておくべきです。

直前でバタバタしないように、余裕を持って準備してください。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする