小学生のマラソン大会でビリにならないための練習方法と注意点とは?

小学生にとってマラソン大会は楽しいイベントではないかもしれません。

ましてや、ビリになる可能性があるのであればなおさらですね。

ビリになることが恥ずかしいという小学生は多いものです。

今回は、ビリにならないための小学生の練習方法について書いていきます。

マラソン大会でビリにならないためには?

マラソン大会でビリにならないためには、ある程度の速さで走り続けることができれば可能です。

では、どうするべきか?

運動の習慣をつけることが一番の早道です。

運動といっても大人の場合と違って、子どもたちはマラソン大会でもそれほど長時間走るわけではありません。

ですので、習い事で野球やサッカーなどをしているお子さんはマラソン大会でもビリになる可能性はほぼありません。

野球やサッカーなどの球技は基本的にボールを追いかける動作があります。

マラソンに直接関係のある動作ではありませんが、マラソン大会を走り切るための体力は十分につけることができます。

また、そういった習い事をしてない場合でも休み時間に鬼ごっこなどの身体を動かす遊びをしているお子さんの場合も心配する必要は少ないと思います。

走り回って、身体を動かすことに慣れているため問題ありません。

しかし、スポーツ関係の習い事もしていない。

休み時間は教室でおしゃべりや読書をしているお子さんもいると思います。

そういった場合はマラソン大会に向けての練習が必要になってきます。

走るのが苦手な小学生の練習方法

活発的なお子さんもいれば、教室で読書をするのが好きなお子さんもいます。

そういう子たちにとって、マラソン大会とは苦行のようなものだと思います。

しかも、普段から運動をしていないため、マラソン大会ではビリになる可能性が大です。

その場合の練習方法を学校と家庭の場合とに分けてご紹介します。

学校での練習について

まずは、体育の時間の練習をマジメに受けることです。

ほとんどの学校ではマラソン大会が近づいてくると、そのための練習があります。

大体グラウンドを何周かするなどの練習だと思います。

その練習は、普段運動をしないお子さんにとってはきついと思いますが、大事な練習ですのでしっかり受けることをオススメします。

当たり前ですが、友達としゃべりながらゆっくり走っていたのでは練習になりません。

しっかりと前を向いてマジメに走ってもらうことが大事です。

また、マラソン大会に向けて、朝の授業の前にグラウンドを走って練習しましょうという取り組みをしている学校もあると思います。

私が小学生だったころはスタンプカードが一人づつ配布されていて、朝の練習をすると1つスタンプが押してもらえるようになっていました。

特に、景品などがあるわけではありませんでしたが、そのスタンプカードを満タンにするために頑張って毎日練習していたのを覚えています。

ですから、お子さんにスタンプカードが満タンになったら、何かプレゼントをするというのも1つの方法だと思います。

それにより、お子さんは毎日朝の練習に行って頑張ろうと思いますからね。

スポンサーリンク

ご家庭での練習について

家庭での練習の場合は、一緒に走るよりも一緒に遊んであげることの方が良いと思います。

一緒に走ると言っても、走るのが苦手なお子さんの場合は嫌がられるでしょう。

しかし、ボール遊びなどはそこまで嫌がらないと思います。

ボール遊びでもキャッチボールなどのあまり走らないものよりは、サッカーなどの走る機会が多い遊びがオススメです。

親子のコミュニケーションをとりながら、マラソン大会の練習にもなりますので、一石二鳥ですね。

もちろん、一緒に走るという方法も効果的です。

一緒に走る場合はお子さんのペースに合わせて、ゆっくり走ってあげる必要があります。

大人の走るスピードは自分が思っているよりも速く、小学生のお子さんにとってはきついためです。

お子さんの様子を見ながら、無理をさせないように注意しながら走りましょう。

また、少し邪道ですが、ご褒美で釣るということも非常に有効な練習させるための手段となります。

私の場合は、マラソン大会の1ヵ月前にその時に流行っていたポケモンのゲームを買ってほしくて、練習を頑張った記憶があります。

というのも、親からマラソン大会で5位以内に入ったら買ってあげると言われたからです。

その時は、小学生ながら登下校の時に走って、マラソン大会の練習をしたのを覚えています。

おかげで、結果は5位。

前年が34位ぐらいでしたので大幅な順位アップですね。

お子さんにとっては、もしかすると一番効果のある方法だったりするかもしれませんね。

マラソン大会当日にビリにならないための注意

マラソン大会当日にビリにならないための注意があります。

それは、友達と仲良く一緒におしゃべりしながら走らないことです。

友達とおしゃべりしながら走る場合のペースはもちろん遅くなります。

しかも、途中からペースを上げたりすると裏切り者呼ばわりされる可能性だってあります。

ですので、お子さんには一緒に走ろうという約束に注意してもらいたいです。

一緒に走る友達が早ければ構わないですが、遅かった場合は一緒に遅く走らなければなりません。

最悪、ビリになる可能性だって十分にあります。

一緒に走ろうという約束には注意しましょう。

また、当日の体調不良などはお子さんにとっての一番の大敵です。

マラソン大会の1週間前ぐらいから体調には気を配り、前日には早めに就寝し、お子さんが体調の良い状態で走れるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

マラソン大会は小学生にとっては嫌な行事の1つであることが多いです。

しかし、ビリという結果は嫌ですよね?

そのためにも、普段から運動し、身体を動かすことになれておきましょう。

そうはいっても、読書などインドア派な小学生もいると思います。

そういう子の場合は、体育の授業や学校側のイベントを最大限に活用しましょう。

また、ご家庭では一緒にボール遊びをするなどの運動をするのもオススメです。

一緒に走ったりするのもオススメですが、その場合はお子さんの様子を見ながら走りましょう。

ご褒美で釣るという方法も効果的かもしれません。

最後に、当日は友達と一緒に走らないことが重要です。

一緒に走る場合は相手のペースでゆっくりめのペースになってしまうからです。

体調にも気を配り、当日は良い状態で走らせてあげましょう。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする