子どもをマラソンランナーに!速く走る為の秘訣やトレーニングとは?

マラソンは大人から子どもまで楽しめるスポーツです。

親子で一緒に走ることもできるので、家族にもおすすめしたいスポーツでしょう。

子どもの場合は大人と体力も違うので、マラソンでのトレーニング方法も変わってきます。

無理をしないように注意しながら、練習を行う必要があります。

マラソンで心も体も健康に育つことができるので、効率の良いトレーニング方法を教えてあげてください。

ここでは、マラソン初心者の子どもでも早く走れるようになるためのトレーニグ方法を紹介します。

マラソン大会で子どもがタイムを縮めるために、必要なトレーニグなので参考にしてみてください。

速く走るための正しいランニングフォーム

子どもが速く走るために、最初に行いたいのはランニングフォームを身に付けることです。

子どもの場合は単に持久力がないだけでなく、余分な力を使っていることが考えられるでしょう。

ランニングフォームを良くするだけで、飛躍的にマラソンが速くなる子どももいます。

力を逃がさずに、100%走ることに力を使うことができれば、パフォーマンスは一気に向上するでしょう。

正しいランニングフォームを身に付けることは、トレーニングの前にやっておきたいことです。

正しいランニングフォームは、背筋を伸ばして足元でなく前を向いて走るフォームです。

子どもで一番多く見かける悪いフォームが、猫背になっていることです。

猫背になっていないかを注意して、背筋を伸ばすよう意識させてください。

また、子供の場合はまっすぐ走っていないことも多く見られます。

まっすぐ走っているようでも、微妙に左右にブレていて力が伝わっていないこともあるでしょう。

走るときは、ヒザとつま先を真っ直ぐ前に向けて走るように指導してください。

さらに、腕を上手く使えていない場合もあるでしょう。

マラソンでは足などの下半身が最も重要ですが、上半身も疎かにしてはいけません。

脇をしめて、腕を真っ直ぐ振るようにしましょう。

腕もマラソンの推進力となる重要な部分です。

正しいランニングフォームを身に付ければ、飛躍的にマラソンのパフォーマンスも向上するでしょう。

スマートフォンを使って、フォームの動画を撮影するのも効果的です。

まずは、速く走れるランニングフォームを身に付けましょう。

無理はさせず継続することが大切

子どもがマラソンを速く走るためには、練習の継続が最も大事です。

持久力は、すぐに付くものではありません。

じっくりと時間をかけて、練習する必要があるでしょう。

まずは、走る習慣を付けることが大切です。

無理をして練習をすると、走ることが辛くなって練習も長続きしないでしょう。

子どもの場合はモチベーションが下がると、継続が困難になってしまいます。

週に1回程度でも十分な練習と言えるので、無理はさせないようにしてください。

走る習慣が付いてくれば、自然と走る頻度も増えてくるでしょう。

最初はモチベーションの維持が大変ですが、慣れてくればランニングが楽しくなってきます。

マラソンが好きになればどんどん持久力も向上するので、焦らず徐々に練習するようにしましょう。

また、子どもが走り終えたら必ず褒めてあげるようにしてください。

褒めてあげることで、ランニングを楽しいと感じるようになります。

最初は褒められることが目的で始め、次第に自分で率先して走るようになるでしょう。

子どもとの会話も増えて、家庭も明るくなります。

一緒に走るなど練習をして、子どものマラソンを応援してあげてください。

スポンサーリンク

ペース走でスピードを覚える

子どもに有効なトレーニング方法はペース走です。

ペース走は自分の決めたペースを維持して走るトレーニングです。

子どもの場合は、ペース配分が下手なことが多いです。

序盤でスタミナを消耗して、後半で大きくペースダウンしてしまうこともあるでしょう。

まずは目標とする距離を同じペースで走り切ることを覚えさせましょう。

そのために、練習でペース走を行い、体でペースを覚える必要があります。

トラック1週を何秒で走るかを意識して、練習を行うと効率が良いでしょう。

ゆっくりと走るペースを覚えることで、後半へのスピードアップにも繋がります。

小さいトラックを中心にペース走を行うと、子どもでも楽にトレーニングすることができます。

体でペースを覚えるために、ペース走はおすすめのトレーニングです。

週に1回のインターバル走

一気に持久力の向上が期待できるトレーニングが、インターバル走です。

インターバル走は走ることと休憩を1セットと考えて、何セットか繰り返すトレーニングです。

インターバル走などの緩急をつけたトレーニングは、心肺機能を鍛える効果があります。

また、緩急をつけたトレーニングは子どもでも飽きないので続けやすいでしょう。

やる気がない子供でも本気で走ったりしてくれるので、インターバル走は子どもにおすすめのトレーニング方法です。

ただし、インターバル走は負担が大きいので、頻繁に行わないよう注意してください。

子どもの場合は回復も早いですが、まだ体が出来上がっていません。

膝などの故障の原因にならないよう、週1回ぐらいの頻度で行うようにしてください。

インターバル走を練習に取り入れれば、飛躍的に持久力が付きます。

マラソン大会でも良い結果が出るようになるので、速く走れるようになるために良いトレーニングです。

子どものコンディションを確認しながら、インターバル走を練習メニューに取り入れましょう。

スポンサーリンク

まとめ

マラソンは大人と子どもが一緒に楽しめるスポーツです。

マラソン大会を目指して、親子で一緒に走っても良いでしょう。

子どもの場合は、マラソンで速く走れるようになるためにランニングフォームを修正するのも効果が高いです。

正しいランニングフォームを身に付けるために、一緒にフォームを固めていくと良いでしょう。

ペース走でマラソンに適したペースを体で覚えるのも効率的です。

最後までしっかりと走り切るペースを体で覚えさせるようにしましょう。

また、走ることと休憩を繰り返すインターバル走は、心肺機能を鍛えるのに有効です。

負担が大きいので週1回程度の頻度で、練習に取り入れてください。

今回おすすめしたトレーニング方法を駆使して、マラソン大会で速く走れるように頑張りましょう。

他にもマラソンに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする